ビジネス

日産「スカイライン」ブランドは本当に消滅してしまうのか 独自の存在感は健在

スカイライン400Rのフロントビュー。プレミアムDセグメント(ミッドサイズ)に相当するツーリングセダン

スカイライン400Rのフロントビュー。プレミアムDセグメント(ミッドサイズ)に相当するツーリングセダン

 日産自動車のラインアップ中、最古参のブランド「スカイライン」が消滅!?──6月に日本経済新聞がスクープネタとして、日産が伝統のブランドであるスカイラインを含む後輪駆動系高級セダンから撤退予定と報じた。果たしてスカイラインのブランド価値は本当になくなったのか。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏が、現行モデルに試乗して考察した。

 * * *
「スカイライン撤退か?」と報じた日経新聞の記事によれば、主要取引先(部品メーカーや販売店など)への通達で判明したとのこと。トヨタ自動車が高級セダン「クラウン」についてセダン形式をやめることが明らかになったのと似たパターンである。

 スカイラインといえば、かつては日本車の中でも有数のブランド力を有していたモデルだ。それが消えるという話が出れば、当然ファンは色めき立つ。そういう反応を察してか、日産は噂の火消しに回った。国内営業担当副社長、星野朝子氏はコンパクトカー「ノートオーラ」の発表会の席上「スカイラインを諦めない」と表明したという。

失われたスカイラインらしさ

 だが、現実を見るとスカイラインというブランドの活用は相当に難しいだろう。理由は、スカイラインというブランドの特殊性にある。まず、スカイラインというブランドの威光が及ぶのはほぼ日本限定。世界のカーマニアの一部にも知られてはいるが、それは海外でも伝説化している「GT-R」のサブネームがあっての話である。

 問題はガラパゴスブランドであることばかりではない。スカイラインは伝統的に小型でハイパワーなどのアンバランスさ、アウトロー的なキャラクターで人々を魅了してきたクルマだった。また、その人気はクルマ単体ではなく、モータースポーツや改造などの文化と複雑に絡み合う形で形成されてきた。

 バブル崩壊を境にスカイラインの販売が急速に減少し、単独モデルとして存続させることが難しくなったことを受け、日産は2001年、北米をターゲットとする高級車ブランド「インフィニティ」向けに開発していたミッドサイズセダンを日本市場にスカイラインとして投入した。

 だが、ユーザーの評判は散々で、「エンジンがV6になった」「ターボがない」「マニュアル変速機がない」「デザインがスカイラインらしくない」「高い」等々の不満が噴出した。

スカイライン400Rのフロントフェイス。2019年のマイナーチェンジで大きく変わり、スーパースポーツ「GT-R」に似たデザインになった

スカイライン400Rのフロントフェイス。2019年のマイナーチェンジで大きく変わり、スーパースポーツ「GT-R」に似たデザインになった

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン