ビジネス

日産「スカイライン」ブランドは本当に消滅してしまうのか 独自の存在感は健在

スポーツセダンの進化形

 ステアフィールも興味深かった。スカイラインはステアリングにバイワイヤ方式を採用している。ステアリングがシャフトで転舵機構と直結されておらず、どういう舵の切り方をしたかをコンピュータが判定し、モーターで前輪の舵角を決めるというものだ。

 ダイレクトに転舵機構とつながっていないと、路面からのキックバックが伝わらないのではないか、いろいろな道路を走るうちに人間の生理に反した制御が顔を出すことがあるのではないか──これまで筆者はスカイラインをテストコースを含め短距離試乗しかしておらず、その部分については疑念を払拭できずにいた。

 しかし、今回の700kmあまりのドライブの中ではネガティブ要素を感じるどころか、機構は関係なしに素直に良いとしか思わなかった。どういうカラクリなのかは知らないが路面の状況やアンダーステアの度合いなどのインフォメーションは豊かに伝わってくるし、もちろん「あれっ?」と思うような動きなどひとつもない。

 バイワイヤは自動運転を部分的にクルマに入れていくうえで今後重要になるであろう技術のひとつだが、それがスポーツセダンをコントロールする楽しみをいささかも損なわない水準に仕上げられていたのは非常に印象的であった。

3リットルV6ツインターボエンジン。最高出力405馬力(スカイライン400R)

3リットルV6ツインターボエンジン。最高出力405馬力(スカイライン400R)

 3リットルV型6気筒ターボエンジン+パドルシフト付き7速ATのパワートレインは、速さの点では申し分ない。何しろ405馬力もあるのだから、あらゆる局面で不足を感じることなどあろうはずがない。驚くほどの速さである。

 ただ、スロットルボディのプログラムやトラクションコントロール、横滑り防止装置などのセッティングをかなり安全側に振ってあるようで、405馬力をパワーセーブなしにドーンと発揮させるようなどう猛さは感じられなかった。

 エンジン音も荒々しさ皆無。燃焼音はさすがに爆圧が高そうな雰囲気を醸しているが、金属の摺動音は驚くほど少なく、ルロロロロロ…という感じの澄んだサウンドである。エンジンルームからの遮音性が優れていることもあって、フルブーストでの加速時もエンジンサウンドは遠くから聞こえてくるかのようだった。半面、ビィーン、キィーンといった迫力サウンドを期待すると肩透かしを食う。

400Rと他のグレードとの識別点は非常に少ない。排気管は見分けるポイントのひとつ

400Rと他のグレードとの識別点は非常に少ない。排気管は見分けるポイントのひとつ

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン