芸能

市村正親&篠原涼子、長男の舞台出演決定 子供たちは離婚を拒んでいた

離婚発表当日の篠原涼子

離婚発表当日の篠原涼子

 市村正親(72才)と篠原涼子(47才)が、7月24日に離婚を発表した。昨年から、撮影中での家庭内感染を防ぐという理由で別居をしていたという2人。市村は離婚を報告する文書の中で《別居が基本のスタイルとなり、夫婦、親、互いに役者として、新たなカタチを考えるようになりました》と、離婚に至った経緯を説明している。

 2人の出会いは20年前に遡る。2001年9月、篠原の初舞台『ハムレット』で共演したのが、市村だった。篠原は市村の演じるハムレットのお妃候補・オフィーリアを熱演。この共演で出会い、その後24才差の2人は交際をスタートさせた。

 そして、2003年に市村が当時の妻と離婚し、2005年に篠原と市村が結婚。2008年には長男が誕生し、2012年には次男が誕生した。

 離婚を発表した文書で、篠原は15年半連れ添った夫へ感謝の言葉を綴った。

《舞台俳優の市村さんからは結婚する前も、してからも学ぶことばかりで尊敬の念にたえません。この姿勢は今もこれからも変わる事はありません。(中略)なのにこのような状況になった事、なかなか理解しにくいかと思いますが、私たちなりの新しい形・環境を作って参りたいと二人で話し合いました》

 離婚にあたり、慰謝料も財産分与もなく、長男と次男の親権は市村が持つ。

 2人の子供は、離婚に反対していたという。

「子供たちは『絶対に離婚しないで』と願い続けたそうなんです。それが夫婦の最後のストッパーになっていた。離婚を決めたときは篠原さんが、離婚してもママはママだし、家族は家族。近くに住んで学校の行事にも出るからね、と何度も話して聞かせ、約束したそうです。それに、実は長男はこの秋に、舞台出演が決まっているそうです。息子の門出を前に、自分たちの関係をスッキリさせようと考えたのでしょう」(篠原の知人)

関連記事

トピックス