芸能

鈴木保奈美 離婚をしてもダメージを受けない巧みな“イメージ戦略”

買い物する保奈美。今年に入り心機一転、髪もショートに

買い物する保奈美。今年に入り心機一転、髪もショートに

 7月16日、石橋貴明(59才)と鈴木保奈美(54才)が離婚を発表した。23年に及ぶ結婚生活に終止符を打ったことを明かしたのは石橋のYouTubeチャンネル。「字幕」によって離婚は発表された(動画は削除済み)。離婚を報告した2ショット写真で笑顔を見せていたのは保奈美だけで、石橋の表情は硬かった。対照的な表情が物語る夫婦生活の真実とは──。

 都内の高級スーパーで、女性が買い物かごに次々と野菜や果物などを入れていく。

「ワインも3、4本買っていて、これからパーティーを開くのかなって思いました。まさか、離婚のお祝いだったりして(笑い)」(居合わせた客)

 買い物をすませて高級車で新居へと帰っていったのは、この数日前に離婚を発表したばかりの保奈美だ。保奈美は離婚に関するコメントを出してはいないが、充実した新生活をスタートさせているようだ。だがベテランの芸能記者からはこんな声も聞こえてくる。

「当時、あれだけ略奪婚と騒がれたことを考えると、きれいに別れたなと。昔から彼女のことを知っている人は、やはり保奈美さんは“したたかな女性”という印象を持つでしょうね」

 23年前、保奈美と石橋の結婚は、お互いの離婚から始まっていた。保奈美は1994年にモータースポーツジャーナリストの川井一仁さん(60才)と結婚するも、1997年に離婚。一方の石橋も、1988年に一般女性と結婚し、その翌年に現在女優として活動する石橋穂乃果(31才)が誕生したが、1998年10月に離婚した。

 そして石橋の離婚からわずか2週間後、ふたりは再婚する。保奈美は妊娠3か月で、再婚を機に芸能界を引退するという“おまけつき”だった。

「タイミング的に保奈美さんによる“略奪婚”と報じるメディアも少なくありませんでした。当時、石橋さんの元奥さんは『週刊女性』の取材に、《不倫だったんですよね》《2人がここにいたなら、ぶん殴ってますよ》と答え、怒りに震えていましたから。

 保奈美さんにとって、東京のお笑い界のスターだった石橋さんと再婚して引退というのは、引き際としては悪くない選択でした」(前出・ベテラン芸能記者)

 1991年に『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)でブレークした保奈美だが、それ以降は女優として伸び悩んでいた。

「『東京ラブストーリー』の赤名リカがハマり役すぎて、それを超える役を演じられなかったんです。再婚時の彼女は、女優として難しい局面を迎えていたので、“デキ婚で体よく引退できた”と言う人さえいました。ただ、強引な引退だったゆえ、いろんなところに迷惑をかけた。

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン