• TOP
  • 芸能
  • 爆発的な流行語「はにゃ?」 芸人・丸山礼本人が明かす誕生秘話

芸能

2021.08.09 16:00  NEWSポストセブン

爆発的な流行語「はにゃ?」 芸人・丸山礼本人が明かす誕生秘話

持ちネタが今年上半期の流行語としてブレイク(提供写真)

持ちネタが今年上半期の流行語としてブレイク(提供写真)

 ものまねタレントでYouTuberの丸山礼(24)の持ちネタ「はにゃ?」が、今若者の間で爆発的な流行を見せている。その誕生秘話について、丸山本人に話を訊いた。

「はにゃ?」は、丸山によるコント“美術部部長 井上千晶”の中で、個性派キャラクター・井上千晶が使っているワードだ。主に疑問を抱いた時に使用し、とぼけた雰囲気が可愛いと10代から20代の女性を中心に人気を博している。

 実際、女子中高生向けのマーケティングを手がける株式会社AMFがまとめた「JC・JK流行語大賞2021上半期」の“コトバ部門”では、「はにゃ?」が見事に第1位を獲得。受賞に関して、丸山は率直な驚きを明かしてくれた。

「最初は信じられませんでした。あのランキングは前から知っていて、やっぱり人気の方々がずっとランクインしてきたので、『いつかは自分もランクインしたいなあ』って淡い気持ちを抱き続けていたんですね。

 まさかここまで『はにゃ?』が浸透しているとは思わなかったので、とにかく驚きましたし、めちゃくちゃ嬉しかったです。ファンの方がInstagramのフィルターを『はにゃ?』で作ってくださることもあって、そういうところでも流行りに乗れているのかなと思って、すごく嬉しかったですね。

 フジテレビさんの『新しいカギ』というバラエティ番組で井上千晶のキャラクターコントをやらせていただいているんですけど、そこの番組スタッフさんたちにも『おめでとう!』と言っていただけて。私はフジテレビさんのバラエティに出るのがずっと夢だったので、憧れの方々がそういう風に一緒に喜んでくれたのもとても嬉しかったです」

 そんな「はにゃ?」は、どういった経緯で誕生したのだろうか。丸山によれば、中学時代にまで遡るそうだ。

関連記事

トピックス