芸能

鷲見玲奈アナ 写真集は「目的が違うので買わないでいい」と際どい宣伝戦略

常に大胆不敵?(写真は緊急事態宣言下の「深夜ほろ酔いデート」)

常に大胆不敵?(写真は5月の深夜のデート姿)

〈写真集、なんと2日連続で重版かかりました〉〈元々水着は無い予定でしたが、担当編集の方の熱量に負けて、脱ぎました。笑 水着になるのも最初で最後です〉。写真集『すみにおけない』(集英社)について発売日の8月4日にインスタグラムでそう明かしたのは元テレビ東京の鷲見玲奈アナ(31)だ。

 昨年フリーになった鷲見は、ドラマでキスシーンを披露し、「NGなし」を公言するなど、“先駆者”田中みな実に追随する存在として満を持しての写真集発売となった。

「現在は消えていますが、鷲見がツイッターで〈下着!!水着!!!!という方は、多分目的が違うので買わない方がいいと思います笑 作品として自信が持てる、オシャレで品のある写真集を作りたいと思い、今回出させて頂きました〉と発売翌日に投稿していたとして炎上しています。もっとも、かえって“サービスショットがあるのではないか”と興味を抱かせる、鷲見アナらしい宣伝だと言われています」(芸能記者)

 鷲見アナといえば、本誌・週刊ポスト(5月28日号)が報じた緊急事態宣言下の「深夜ほろ酔いデート」についてインスタで謝罪した5日後に何事もなかったかのように自身のコーディネート紹介の投稿をするなど、物議を醸しながらも話題を提供してきた。

 芸能評論家の三杉武氏はこう語る。

「巨乳キャラで男性人気が高い鷲見アナだからこそ、田中みな実のように女性を味方につける戦略で上品さをアピールしたのでしょう。他のキー局アナとは違って、鷲見アナはテレ東で揉まれた逞しさがあるので、多少の反感を買ってでも話題性を優先するスレスレの攻めた宣伝活動はお手の物だと思います」

 水着以上に際どい戦略で、あざとさでも“すみにおけない”ようだ。

※週刊ポスト2021年8月27日・9月3日号

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン