芸能

志村けんさんの愛犬「殿くん」逝く 「長生きを」相葉雅紀が願うも…

志村けん

志村さんを追って忘れ形見の忠犬・殿くんが逝く

 近年、飼っている犬や猫を亡くし、ペットロスに陥る人が増えている。一方で、ペットが飼い主との死別を経験することもある。新型コロナウイルスによって突然、主人と会えなくなった一匹の犬は、人間以上に深い悲しみを抱えたのかもしれない。お盆の最中、悲しい知らせが届いた。

 コロナ禍で迎えた2度目のお盆。東京・東村山市のある住宅には、仏壇に手を合わせたいという人が、ひっきりなしに訪れていた。あわただしく対応するのは、昨年3月に亡くなった志村けんさん(享年70)の兄・知之さんだ。

「今年は手製の盆棚をつくってね。ワクチン接種が済んだからと、去年よりも多くの人が来てくれていますよ」

 明るい口調で話す知之さんだが、ある話題に話が及ぶと、途端に声のトーンを落とした。

「つい数日前のことなんだけど、やっさん(志村けんさんの本名は康徳)が飼っていた豆柴の殿くんが、亡くなってしまったんだ……」

 16年にわたり『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)の司会を務めた志村さんは、愛犬家として知られていた。これまでに飼った犬は7匹。亡くなるまで共に暮らしていたのが、豆柴の「殿くん」と、ゴールデンレトリバーの「チロくん」だった。

「殿くんと志村さんが出会ったのは、2010年に『天才!志村どうぶつ園』のロケで訪れたブリーダーの施設でのこと。たくさんの子犬がいるなか、目が合った瞬間に運命を感じ、すぐに迎えることを決意したそうです」(テレビ局関係者)

 仕事で家を空けることも多かった志村さん。寂しい思いをさせないようにと、自宅にいるときは最大限の愛情を2匹に注ぎ、とりわけ殿くんのことを気にかけた。

「チロくんは独占欲が強く甘え上手なのですが、殿くんはそれを遠くでじっと見ているタイプ。2匹の性格をよく理解していた志村さんは、殿くんだけを寝室に入れたりと、なるべくふたりきりの時間をつくっていたんです」(前出・テレビ局関係者)

 収録現場に連れて行くのも決まって殿くんだった。

「番組のロケで訪れた屋内ドッグラン施設では、遊具を一つひとつ殿くんに見せながら『これはこうやって遊ぶんだよ』と教えていました。その姿は、小さな子供と遊ぶお父さんのようでしたね」(前出・テレビ局関係者)

 生涯独身を貫き子供もいなかった志村さんにとって、2匹はわが子同然だった。愛犬たちとの穏やかな日常が突然途絶えたのは、昨年の3月20日。新型コロナウイルスに感染した志村さんは呼吸困難に陥り、都内の病院に救急搬送された。懸命な治療が施されたが、自宅に戻ることのないまま29日に帰らぬ人となった。

 日本中が深い悲しみに包まれるなか、状況を理解できない殿くんは“なんでパパは帰ってこないの?”と言わんばかりの不安そうな表情を浮かべていたという。

関連キーワード

関連記事

トピックス