芸能

黒夢の清春、美女と路上密着 本人は「ハグしたがキスはしていない」

2人はこのあと植え込みの陰に移動した

2人はこのあと植え込みの陰に移動した

 まるで映画のようなラブシーン。暗い路上の植え込みの奥で繰り広げられた、情熱的な瞬間──。ヴィジュアル系ロックバンド「黒夢」のボーカル・清春(52才)の、バリバリお盛んな瞬間をキャッチした。

 8月9日、日本のジャズの聖地とされる「ブルーノート東京」。ソロライブを終えて楽屋口から出てきた清春は、気持ちよさそうにタバコを一服。上機嫌で周囲のスタッフたち全員とグータッチ。その間、ずっと寄り添って立っていたのは、ベージュのワンピースを着たグラマラスな黒髪の女性だった。

 終始笑顔のベテランロッカーは、次第にその女性の肩や腰に手を回しながら、建物の植え込みの陰へと誘導していく。その動きはあまりにも自然だった。周囲のスタッフたちからは見えない位置に入った途端、女性をギュッと抱き寄せ、彼女のマスクがはがされた。そして二人の顔と顔が密着。シルエット上だが、唇と唇が重なったように見えた。

 わずか数十秒の出来事だった。その後、清春は踵を返して会場の中に戻り、女性も足早に会場から離れていく。ただ、別れた瞬間の女性は笑顔が抑えきれず、足取りも自然と軽やかになっていた。

 黒夢と旧知のあるバンドのギタリストは、写真を確認すると「この人は奥さんじゃないね。まぁ、このぐらいは彼には当たり前の日常でしょ」と笑い飛ばした。

 黒夢は1994年にメジャーデビュー。翌年リリースした3作目のアルバム『feminism』がオリコンチャート1位に輝くなど、平成期に人気を博した。清春は、その後はソロでも活動を続けて、昨年10月の52才の誕生日には初の自叙伝を発刊するなど、再び注目も集まっている。

 一方、私生活では、23年間連れ添った妻と20才前後の2人の娘がいる。娘たちが幼いころは「普通に子供を幼稚園や小学校に送るよ。ロッカーだからといって、何日も家に帰らなかったり、子供なんて勝手に育つという考えはナシ」と明かすなど、子煩悩で家庭的な一面を見せていた。

 ただ、2012年にはアラサー美女との“不倫路チュー&朝帰り”をキャッチされるなど、ヤンチャな面も持ち合わせていた。今回は9年ぶり2回めの路チューとなったのだろうか。清春の事務所に問い合わせると担当者がこう返答した。

「まず、コロナ禍で清春は、ソーシャルディスタンスに気をつけ、人一倍感染対策に努めております。この日はブルーノートでの初めてのライブで、いいライブができて満足していました。その高揚感で気持ちが盛り上がりすぎたのかもしれません。清春曰く、その女性は友人の一人だそうです。ただ、ハグはしましたが、キスはしていないと本人は言っております。私はその言葉を信じたいと思います」

 ある音楽関係者は、「ライブでの清春さんのかっこよさは50代になっても健在。デビュー当時から『人と違うことをやってナンボ』とのスタイルで、ライブ中に首をつってみせたり、血だらけになったりと刺激的でした。そんな生き様も含めて熱狂的なファンは今も多い」と解説する。そして「奥さんがライブ会場に来ることなんて聞いたことがない。ある程度は自由にやらせてもらっているんでしょう。彼には女性ファンも多いですからね」と続けた。

関連記事

トピックス

除名されたガーシー氏(時事通信フォト・旧NHK党)
《77歳オカンへの愛》ガーシー容疑者、実家ガサ入れに号泣配信「お母さんに会いたい……」「産んでくれておおきに」深い親子関係
NEWSポストセブン
角谷アナにA氏との関係を聞くと「ちょっと急いでまして、すみません」と回答
【入手】結婚のテレ東・角谷暁子アナが友人だけに「イケメンマッチョな旦那写真」を公開していた「生きてこられて幸せです」
NEWSポストセブン
腰をくねらせる筧美和子(2023年1月撮影)
筧美和子が腰をくねらせ道路に倒れ込む…映画『静かなるドン』ホテル街での撮影現場で見せた妖艶シーン
NEWSポストセブン
スマホで電話をかける藤木直人
藤木直人、大東駿介、片桐仁が名門私立幼稚園の舞台にサプライズ出演 「100万円稼ぐ」の言葉に保護者感動
NEWSポストセブン
欲望渦巻く街で行なわれていた狡猾な手口(時事通信フォト)
「テキーラで脱衣ゲーム」「登録者400万人超YouTuberをダシに」摘発された歌舞伎町ぼったくりバー元店員が語った手口
NEWSポストセブン
別居していることがわかった篠田麻里子
《離婚発表》元夫はなぜ篠田麻里子の「言葉を信じる」ことになったのか 不倫疑惑に「悪いことはしていない」
NEWSポストセブン
貴重な証言を得た高橋氏(時事通信フォト)
【山口連続殺人放火事件】5人殺害の犯人と別に「つけ火した悪いやつがいた」村人の証言
NEWSポストセブン
貴景勝
ついに「大関ゼロ」に現実味 「公傷制度の復活」ほかガチンコ時代に必要な相撲改革とは
NEWSポストセブン
行方不明になった隼都さん
《壱岐市高校生が遺体で発見》虐待疑惑の里親を「みんなで支える」教育長の聞き取りに複数の実親が出していた答え
NEWSポストセブン
スッキリ休んで躍進に備える?(写真/ロケットパンチ)
日テレ・岩田絵里奈アナ『スッキリ』終了でも「秋の改編」で期待される「岩田無双」
週刊ポスト
14年ぶり世界一に日本中が歓喜した
【侍ジャパン】次期監督、工藤公康が有力候補も「消極的」か 3年後の世界一に相応しいのは?
NEWSポストセブン
ベンチで存在感をはなつ城石(時事通信フォト)
《WBCベンチで存在感》栗山監督の横にいるイケメン参謀コーチは「フリーターからプロ入り」異色経歴と元妻は人気女子アナ
NEWSポストセブン