芸能

津川雅彦さん プレイボーイとしての使命感と男になれなかった瞬間

津川雅彦さんが過去に語ったことを振り返る(時事通信フォト)

津川雅彦さんが過去に語ったことを振り返る(時事通信フォト)

 1969年創刊の『週刊ポスト』。当時の名物コーナーが「衝撃の告白」だ。銀幕のスターや渦中の人物が赤裸々に語る同コーナーは、タイトルどおり衝撃的な証言が次々と飛び出し、当時大きな話題となった。1971年4月23日号に名優・津川雅彦が登場。1973年に朝丘雪路と結婚し“おしどり夫婦”として知られた津川だが、当時はまだプレイボーイと見られていた。津川が語った言葉とは……。

「プレイボーイといわれるのなら、それらしくふるまわねばならん」

 両親、兄が俳優という芸能一家に生まれた津川雅彦は、早稲田大学高等学院在学中の1956年に日活『狂った果実』で一躍スターになった。

 サービス精神の強い津川は、石坂浩二と婚約したばかりの浅丘ルリ子との噂について「真相はなんにもありはしない」と語るも、数か月前にドラマで再会した時に「色っぽくなった彼女にモーションをかけないでいるのも、プレイボーイとしては不本意だ」と妙な使命感に駆られたと告白。だが、石坂から嫉妬された彼は方向転換する。

「パンツ一枚で女優部屋にとびこんだりして、翌日、石坂氏に、『津川さんは、あまりにもおとなげない』といわれたりしたが、これこそプレイボーイの思うつぼだ」

 よくわからない思考に陥っていた津川は懺悔した。

「男になりたい、そう願いながら、オレは女のなかで結局は男になれなかった」

 2年後の1973年4月26日、津川は朝丘雪路と婚約を発表。2人はおしどり夫婦となり、40代以降に『マノン』『マルサの女』など代表作を生んだ津川は、朝丘との結婚生活で男となった。

構成・文/岡野誠

【※本特集では現在の常識では不適切な表現が引用文中にありますが、当時の世相を反映する資料として原典のまま引用します】

※週刊ポスト2021年8月27日・9月3日号

関連記事

トピックス