芸能

一人三役務めた前田敦子 場の支配力と存在感は“元センター”の為せる技

atsuko

NODA・MAP初参加にして一人三役を演じた前田敦子

 7月末までに上演され話題を呼んだ高橋一生(40才)主演の舞台『フェイクスピア』。コロナ禍の中でも連日大きな反響を呼び、SNSなどの口コミでも、実際に観劇した人たちの感動の声が多く並んだ。その中でも特に注目を集めていたのが、出演者の1人である前田敦子(30才)だ。その理由について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 東京から大阪へと上演場所を移し、全62公演、約2か月にわたる長丁場のスケジュールで上演された『フェイクスピア』。「過去と現在」、「虚構と現実」を自在に往還する演劇ならではのイマジネーション溢れる作品となった。主演の高橋をはじめとする手練れの演者陣への称賛の声が多く聞かれたなか、高い評価を得ていたのが本作で三役を務める前田敦子の活躍だ。

 離婚や所属事務所からの独立など、プライベートばかりが取り沙汰される彼女だが、ステージ上の前田を目にした観客の反応は正直だ。「場の支配力と存在感が凄くて、登場の度に空気が変わる」なんて声もあった。これには筆者も完全に同意。橋爪功(79才)や白石加代子(79才)らと並んで芝居に挑む前田の姿からは、様々な経験経て来た彼女のキャリアが活きているように感じたし、これからの前田の更なる飛躍を予感させるものだったのである。

 本作は、劇作家であり演出家の野田秀樹(65才)率いる「NODA・MAP」の最新作。主演にNODA・MAP初参加の高橋を迎え、イタコが存在する青森・恐山を舞台に、ここを訪れる者たちの不可思議な交流が展開していく。題材として扱われるのは、現実の日常でも日々巻き起こる“言葉”の問題。これまでの野田作品と同様に、いまの時代に鋭くメスを入れながらも、この時代をサバイブする人々に向けた希望を描いている。過去と現在、虚構と現実とが交錯し、“言葉”にまつわる壮大な寓話が展開していくのだ。

 世界的に評価される野田作品とあって、キャスティングも素晴らしい。舞台経験は豊富ながらも野田作品に初めて挑む高橋をはじめ、軽快に舞台上を動き回る大ベテランの橋爪と白石は「役者という生き物に年齢はないのか」と思わせるほど。さらには、川平慈英(58才)や伊原剛志(57才)、村岡希美(50才)といった名優たちが作品を支えている。いずれも申し分無いキャリアを誇るプレイヤーたちだ。代わる代わるステージ上に姿を見せる彼らは、一人ひとりが得も言われぬ安心感を放っていた。

 このメインキャストの中で最年少であり、NODA・MAP初参加の前田が演じるのは、なんと三役。“伝説のイタコ”、“星の王子様”、“白い烏”と、いずれも抽象的なキャラクターで、物語の大事な転換時に必ず登場する。演じるキャラクターが変わるごとに、表情も声色もころころと変化し、特に彼女のよく通る声が印象的だった。それは時に豪快で野太く、また時には鋭敏で軽やかだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス