国内

「明かりが見えない」ことを露呈した菅首相と二階幹事長の言葉

(写真/時事通信フォト)

度々「明かり」という言葉を使う菅義偉首相だが…(写真/時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、コロナ対策が後手に回りつつも、自民党総裁選挙に前向きな菅義偉首相について。

 * * *
 あんな力なく淡々とした口調で「明かりははっきり見え始めています」と言われても、菅首相には、どこに明かりが見え始めているのかと首を傾げたくなるだけだ。緊急事態宣言の対象地域は北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山そして広島の8都道府県にまで広がった。これで宣言の対象地域は21都道府県になり、まん延防止等重点措置の対象地域は12県になった。

 首相の目に見えている“明かり”は、どんなものだろう。日々の対策で疲労困憊なのは分かるが、ぼんやりしたような眠たそうな生気のない目で言われても、「見えているものは本当に明かりなのか?」と問いたくなってくる。日々見聞きしている情報やニュースからは、残念ながらそんな兆しはまるで見えてこないのだ。

 8月25日の会見で菅首相は、「これまでに経験のない感染拡大が継続しています」、「子供たちの感染が増えています」とも言っている。それなのに明かりが見え始めているとは。ちょうどこの日の昼、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が、衆院厚生労働委員会の閉会中審査で「私ども専門家の分析よりは、時々やや楽観的な状況分析をされたのではないか」と苦言を呈していたが、尾身会長の言葉通り、まさに楽観的な見方だろう。

 思い返せば3月にも、緊急事態宣言解除の会見や定期党大会で「必ず先に明かりが見えてきます」と“明かり”という言葉を使った菅首相。この時は声に張りがあって力強く、目も見開いて前をしっかり向いていたから「近いうちに少しは先が見えてくるのかもとと楽観視させるところもあった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン