国内

沖縄病院69人死亡クラスターの真相 老親を守るための「6つの教訓」

今回の教訓を次にどう活かすか(写真はイメージ)

今回の教訓を次にどう活かすか(写真はイメージ)

 死者69人という国内最大規模のクラスターが沖縄県うるま市の病院で発生した。高齢者が入院する病院や施設は、感染拡大を招く要素がいくつも潜んでいると指摘されている。今回の惨劇を紐解くと、新型コロナの感染拡大から身を守るための教訓が見えてきた──。

 丘の上に建つ3階建ての病院を指して、地元住民はこう語った。

「あそこは『看取り専門の病院』と言われていて、高齢で食事を喉に通すことも難しい人や寝たきりの人、認知症の人が県内全域から集まっている。在宅介護ができなくなった家族が頼る“最後の砦”なんです。それが、7月半ばから珍しく救急車が何度も来ていたので、“もしかしたらコロナが出たのでは”と噂が飛び交っていました」

 8月17日、沖縄の病院で199人が新型コロナに感染し、入院患者の死亡が64人という衝撃的なニュースが報じられた。その後も収束する気配はなく、8月19日時点で死者数が69人に達している。

 国内最大級のクラスターが発生したのは、沖縄県うるま市にある老年精神科病院「うるま記念病院」だ。沖縄県新型コロナ対策本部の広報担当者が語る。

「うるま記念病院は、高齢の患者の看取りまで行なう病院です。最初に陽性者が発生した段階で陽性者と陰性者を分ける『ゾーニング』を専門的に行なうことが難しく、両者が混在したことがクラスター発生の理由と考えられます。コロナ患者を隔離する陰圧室などの感染症に対応できる設備もありませんでした」

 同病院で最初の陽性者が出たのは7月19日。折しも沖縄県の感染が急拡大する局面だったことも、大惨事を助長した。

「最初の陽性者が発覚してすぐ県に報告が入り、翌日にクラスター対策班が病院に医師や看護師を派遣しました。ただしこの頃はすでにデルタ株の蔓延で県内の医療従事者が手一杯になっており、十分な支援ができませんでした」(同前)

 うるま記念病院の患者は高齢者のみで、入院しているのは認知症の患者が多い。巨大クラスターが発生した時、約270床の病床はほぼ埋まっていた。

 同病院では今年1月にも入院患者と職員の76人が感染するクラスターが起きていた。同病院の広報担当者はこう語る。

「今回は1月のクラスターとは状況が全く違います。前回講じた対策が破られて感染が広まってしまった」

 拡大した背景には猛威を振るうデルタ株の感染力も考えられるが、高齢者向けの病院施設特有の「弱点」があったとも指摘されている。

 これはいつ他の高齢者病院や施設で起きてもおかしくはない。巨大クラスターの悲劇から、私たちは何を教訓とすべきか──。

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン