• TOP
  • 芸能
  • 「ただの歌手デビューじゃない」 池田エライザ、プロも驚く表現力

芸能

2021.08.31 07:00  NEWSポストセブン

「ただの歌手デビューじゃない」 池田エライザ、プロも驚く表現力

(時事通信フォト)

(時事通信フォト)

 女優、モデル、映画監督と多彩な才能を発揮する池田エライザ(25)が、ELAIZA名義で音楽活動を本格的にスタートさせる。ファースト・アルバム『失楽園』(発売日未定)のリリースを発表したほか、ヒロインを務めるNHK“よるドラ”『古見さんは、コミュ症です。』が始まる9月6日には、アルバム収録予定の「Close to you」が先行配信を開始。モデル出身の歌手、と聞けばそう珍しい話ではないかもしれないが、彼女は他と毛色が少し違うようだ。その実力のルーツを探った。

 2018年、MCを務める音楽番組『The Covers』(NHK BSプレミアム)で、歌声をテレビ初披露した池田エライザ。楽曲は昭和の名曲として知られる久保田早紀の「異邦人」(1979年)で、アコースティック・ギターをバックにしっとりと歌い上げる姿は瞬く間に注目を集めた。

 その後も同番組ではエレキギターの弾き語りで松田聖子「SWEET MEMORIES」(1983年)を披露したほか、『The Covers’ Fes.2018』では青江三奈「恍惚のブルース」(1966年)を熱唱。昨年の音楽特番『FNS歌謡祭 夏』(フジテレビ系)では中島みゆき「時代」(1975年)をハスキーボイスで聴かせた。

 自身が生まれる前の流行歌をチョイスする選曲センスもさることながら、類まれな歌唱力にネット上では「歌うますぎ」「すごく良かった」「とても素敵です」「歌手デビューまだ?」と称賛の声が続々と寄せられた。その実力にはプロも脱帽のようだ。ボイストレーナーのいくみ氏はこう分析する。

「池田エライザさんの歌唱力は“声”と“技術”の両方が素晴らしいと思います。

 まず“声”について。初めて彼女の歌を聴いた時に何よりも印象深かったのは、特徴的な声でした。最近流行りのウィスパーボイスに近く、息混じりの声なので聴いていて心地良い。そして何といっても癒される。この“癒しボイス”を使って丁寧に歌詞を伝えているのが印象的でした

 しかも全部がウィスパーボイスではなく、サビなど力強い箇所では地声を使ってお腹からしっかりと声を出しています。同時に、やはりたくさん息を吐いているので高音がキンキンすることがなく、息が流れていて聴きやすいんですね」

関連記事

トピックス