芸能

坂上忍の野々村真への炎上発言にみる「テレビ的な発言」の時代遅れ

坂上

これまでOKとされたテレビ的な発言は“時代遅れ”に

“毒舌”も1つの芸だが、生死の境をさまよった人間に冷たいセリフを吐くのも芸なのか──。新型コロナウイルスに感染し、一時は重篤な状態に陥った野々村真(57才)に対し、坂上忍(54才)が言い放った発言に、ネットには少なからぬ批判の声が寄せられた。2人はともに長い芸能生活を送ってきたベテラン。友人だからこそ通じるキツいジョークでも、それをテレビで言うのはアリなのか?

 野々村の感染が発表されたのは7月31日のこと。自宅療養を続けたものの、重度の肺炎で入院することになり、病院ではICU(集中治療室)に運ばれて、人工心肺装置「ECMO」を使用する寸前までいったという。そしてようやく8月24日に退院し、『バイキングMORE』(フジテレビ系)にリモート出演したが、坂上から浴びせられたのは優しい言葉ではなく、強烈なパンチだった。ネットニュース編集者はいう。

「野々村はもともと『バイキング』の月曜レギュラー。退院が叶った彼は、コロナ感染の恐ろしさについて質問に答えるような形で解説しました。坂上は冒頭、『まこちゃん、おかえりなさい』と気遣う発言をしていたのですが、野々村が『全国の皆様の応援で……』と感謝のメッセージを述べたところ、坂上が『そこまで全国の人は応援してなかったよ』とツッコんだのです。野々村はとっさに『……そうね』と肩を落とし、2人が爆笑したため“事なき”を得ましたが、ネットユーザーからは批判の声が上がりました」

 坂上の発言に対し、ツイッターには、

「野々村さんは坂上の言葉に確実に傷ついてる」
「コロナかかって息苦しい人に対してあの態度は…酷い」
「今は真剣におかえりって言ってあげて欲しい。なんか大したことないって風に聞こえちゃう」

 といった声が登場。テレビ関係者は、テレビマンの時代錯誤を指摘する。

関連キーワード

関連記事

トピックス