芸能

千葉真一さんが残した足跡 ファミリーの輝き続ける現在・過去・未来

コロナに感染し亡くなった千葉さん

新型コロナウイルスに感染し亡くなった千葉真一さん

 日本のアクション俳優の第一人者として国際的に活躍した千葉真一さん(享年82)。その偉大な功績もさることながら、その子供たちの活躍も見逃せない。放送作家でコラムニストの山田美保子さんが千葉ファミリーの足跡をたどる。

 * * *

「どこかのプロダクションが絶対スカウトするに違いない」の声

「忘れもしない。真剣佑は13才、郷敦は10才のときに『さんま御殿!!』に出ていただいて。(中略)千葉さんしかキャスティングされてなかったんですけども」とは、8月21日オンエアの『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)での明石家さんまサン(66才)。

 いわゆる“闇営業問題”以来、業界聴取率100%の同プログラムです。冒頭のエピソードも、しっかりネットニュースとなっていました。

『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)の構成者の1人である私も、よ〜く覚えています。いや、本番に入ってしまって、“千葉さんいじり”に熱が入っていたさんまサンとは逆に、前室や廊下で所在なさげにしていたオーラ抜群の若きイケメン、後の新田真剣佑サン(24才)と眞栄田郷敦サン(21才)に、女性スタッフは大騒ぎでした。

「千葉真一さんが息子さんを連れてきたんだって」
「わ、イケメン! 野際陽子さんとのお子さん……じゃないわよね」

 などから、

「デビューしないの?」
「今日、どこかのプロダクションが絶対スカウトするに違いないわね」

 という“お節介”まで(苦笑)、大いに盛り上がったものです。

 その後、千葉さんは何度か『~御殿!!』に出てくださり、私の記憶では、真剣佑サンが最初おひとりでみえて、次の回に郷敦サンがみえたのではないかと。いずれにせよ、さんまサンが言うように、番組に出演してくださったのは千葉さんだけで、息子さんたちは“見学”と、スタッフ陣への“お披露目”だけだったのです。

『ヤングタウン~』では、当時、千葉さんが『浅井企画』さんに所属されていたことも明かされました。千葉さんのモノマネでおなじみの関根勤サン(68才)(と、そのモノマネをする娘さんの関根麻里サン・36才)が所属している“ご縁”だったんですよね。

 その頃、千葉さんは、『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)の前身『やじうまテレビ!』の金曜レギュラーでもいらっしゃいました。コメンテーターというよりは、「千葉真一の金曜ハンター」なるコーナーに出演されていて、ここでも“いじられキャラ”だったかと。「JJ Sonny Chiba」(サニー千葉)というお名前が、海外での千葉さんの真の活躍をご存じないかたにとっては、“おもしろネーム”のように受け取られていたからかもしれません。『ヤングタウン~』で、さんまサンは、真剣佑サンと郷敦サンを「いまや立派な役者さんになって」と称賛し、千葉さんを「サニー千葉という、世界に誇れる日本の役者さんの1人」と話を締めて、しのばれました。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン