芸能

酒好き大島由香里アナ、「きれいなおっさん」の美脚パンツスタイル

大島由香里アナを目撃

大島由香里アナを目撃

 テレビ局から出てきたフリーアナウンサーの大島由香里(37)は、笑顔で手を振ってみせ、周囲のスタッフたちに挨拶していた。カジュアルなコーディネートでも圧倒的な華を感じさせるのはさすが。ハイウエストのパンツスタイルが野暮ったくならず似合うのは、抜群のスタイルの持ち主だからだろう。

 大島は、2月に発売したファースト写真集『モノローグ』が大人気だ。「すっぽんぽん以外はNGなし」と本人が語る通り、レオタード姿や水着姿を披露しており、グラビアアイドルばりの大胆な姿を見せている。その挑戦のかいがあって、ネット上では〈個人的には田中みな実の写真集超え〉〈今一番、色気を感じる女性〉と絶賛の声が寄せられている。

 誰もが認める美貌の持ち主である一方、大島は気さくな人柄でも知られている。特に2月に始めたYouTube公式チャンネル『大島由香里に乾杯!』で披露する「ありのまま」ぶりが「きれいなおっさん」として人気を博している。自宅で撮影されている動画は、子どものひらがな表やぬいぐるみが背景に映り込んでおり、そんな生活感たっぷりの居間で、すっぴんの大島が晩酌を楽しみながらゆる~く語るのだ。

 YouTubeのチャンネル紹介にはこうある。

〈ビールを始めとするお酒、生きがいであるカラオケ、心の救いである昭和のアイドル、 ノリと勢いで免許取ったバイク(大型二輪)、社会人の基盤を築いてくれた局アナ時代の話などなどなど… その時に思いついたことを飲みながら語っています。 8割方飲んでる動画です。見て役に立つ事は、おそらく何もありません。 何かをしたい!ではなく、何もしたくない!という方のためのチャンネルです〉

 フジテレビ時代は『ニュースJAPAN』をはじめ報道番組のキャスターというお堅い仕事で活躍していただけに、現在の弾けっぷりには驚かされる。NEWSポストセブンで5月に公開したインタビューで、大島自身はYouTubeについてこのように語っていた。

〈事務所がよくこれを許してくれたなって思うぐらい、本当にいつもどおりの私を撮っています。頑張らないのがテーマ。何かを目指すわけではなく、ゆるゆるとやっています〉

関連キーワード

関連記事

トピックス

度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
自転車を取り締まる警視庁の警察官(イメージ、時事通信フォト)
自転車「逆走」が招く重大事故 ドライバーには「一時停止無視のママチャリ」も恐怖
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
黄色の旗を掲げることで安否を確かめ合う「黄色い旗運動」
迷惑を最小限に抑える「理想の孤独死」を叶えるにはどうすればいいのか? 「早く見つけてもらう」ために活用すべき官民サービス、アプリなど
女性セブン