• TOP
  • 芸能
  • デビュー10周年のKis-My-Ft2 磨き上げられたバラエティー力

芸能

2021.09.10 16:00  女性セブン

デビュー10周年のKis-My-Ft2 磨き上げられたバラエティー力

戦隊ヒーロードラマに美 少年が初挑戦

山田美保子さんが10周年を迎えたキスマイの魅力を分析

 音楽活動はもちろん、バラエティー番組や俳優としても活躍しているKis-My-Ft2のメンバーたち。デビュー10周年を迎えたKis-My-Ft2の魅力を、放送作家でコラムニストの山田美保子さんが分析する。

 * * *

「如実」なグループ内格差をなくすために一肌脱いだ中居クン

 9月3日にオンエアされた『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)「Kis-My-Ft2デビュー10周年SP」が大反響ですね。

 私が彼らのファンを公言しているからでしょう。多くの知人から「苦労したんですね」「応援したくなった」といった感想が届けられ、私もあらためて誇らしい気持ちになりました。

 古参ファンの多くは気づいていた「5人でのデビュー話」。横尾渉クン(35才)と二階堂高嗣クン(31才)の写真が別ページにあった『少年たち~格子無き牢獄~』のパンフレットを目にしたゲネプロ取材の日が鮮明によみがえりました。「なぜ2人がいないのか」、スタッフのもとに飛んで行って最初に聞いたのは私でした。答えは「ドラマと映画」。確かに2人はその後、ドラマと映画に出演しましたが……って、もう昔話はいりませんね。キスマイは7人で10周年を迎えたのですから。

 そして、公私にわたって7人を叱咤激励し続けた中居正広クン(49才)とのエピソードには涙が止まりませんでした。

 中居クンは、いわく「如実な」グループ内格差をなくすために、“後ろの4人”と呼ばれていた千賀健永クン(30才)、宮田俊哉クン(32才)、横尾クン、二階堂クンを『舞祭組』(ブサイク)に。曲のプロデュースやMV出演、キスマイのライブでのチラシ配布、舞祭組のライブにサプライズ出演、さらには、SMAPのライブでの自身のソロ曲パートで舞祭組の曲まで歌ってくれました。宮田クンのように『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)の準レギュラーや、『UTAGE!』(TBS系)で中居クンと共にMCをさせてもらっているメンバーも。感謝してもしきれませんよね。

 カメラに映っていないところでも、一人ひとりに珠玉のアドバイスをくれていた中居クンは、バラエティーでの所作についても厳しく叩き込んでくれていたのです。

 でも、バラエティーで声を張ることや、リアクションで立ち上がること、いわゆる“パターン”などを毎週、がまん強く教え続けてくれていたのは、よゐこの濱口優サン(49才)でした。デビュー年にスタートした『濱キス』(2012年・テレビ朝日系)がなかったら、キスマイの“バラエティー力”は、ここまで完成されなかったと思います。

 濱口サンは本当にやさしいかたですが、オンエア上は「バカヤロー!」を連呼し、キスマイが何かやらかすたびにダメなポイントを指摘し、バラエティーでの正解を出すまでつきあってくださいました。

 いま思い出しても、本当に過酷なロケで、“お題”をクリアすることができず、本当に朝まで収録が続いたこともありました。

関連記事

トピックス