• TOP
  • 芸能
  • 綾瀬はるか「返して!」激怒 母親が1億円投資トラブルに巻き込まれる

芸能

2021.09.15 16:00  女性セブン

綾瀬はるか「返して!」激怒 母親が1億円投資トラブルに巻き込まれる

綾瀬はるかが病院にスムーズに入院し、話題になった

綾瀬はるかの個人事務所のお金が投資に回り、トラブルに巻き込まれた(写真は7月下旬)

 女優・綾瀬はるか(36才)が巨額投資トラブルに巻き込まれていることがわかった。

 新型コロナウイルスに感染し、現在は快方に向かっているという綾瀬だが、コロナに感染する直前、あるトラブルに心を痛めていた。

 騒動の舞台となったのは、綾瀬の母が代表取締役を務め、綾瀬と兄が取締役を務める綾瀬の個人事務所だ。

「はるかちゃん(実際は綾瀬の本名)のお母さんは事務所の代表を務めていますが、会社の経営に詳しいわけではありません。だからお金に関する相談は、綾瀬家が代々お世話になっている地元の税理士さん(以下、A氏)にお願いしていました。そのA氏がお母さんに『この低金利時代に、現金を銀行に置いておくのはもったいない。運用してみたらどうですか』とすすめたそうです」(綾瀬家の知人)

 綾瀬の母は、信頼しているA氏の言葉を信じて今年の初めくらいに、個人事務所のお金を、1億円近く投資したという。芸能界は不安定ということもあり、娘の将来のために何かしてあげたいという気持ちもあったようだ。

 実際に運用するのは、B氏を中心とする30代の3人組の投資グループ。配当は月利2~4%。現在メガバンクの定期預金の金利が年0.002%なのを考えれば、いかに高金利かがわかる。

 A氏のような仲介者が複数人おり、投資する際は、運用を担当するB氏の個人口座に入金する。出資者の多くは60代以上の高齢者で、投資額は数百万円の人もいれば、億単位の人もいる。綾瀬の母は、月3%の利回りがつく契約だったという。
 
 しかし、今年5月、それまで毎月支払われていた配当が止まった。出資者には「B氏の口座がマネーロンダリングの疑惑をかけられ、凍結されたことで、お金が出せなくなった」との説明があったという。

 配当は5月だけでなく、6月、7月、8月とストップし続けている。母から事情を聞いた綾瀬は驚き、ある人物に相談したという。
 
「はるかちゃんは、以前から東京でサポートしてもらっている地元出身の顧問税理士に相談しました。実はこの税理士は、A氏の息子なんです。話を聞いた息子は、すぐにA氏を問い詰めた。お母さんと投資グループの契約を解約して、返金を求めました」(前出・綾瀬家の知人)

 綾瀬は、投資に無関心な母や高齢者を巻き込んでいることに怒り心頭だという。

関連記事

トピックス