芸能

『マスカレード・ナイト』も ホテルが舞台の作品は人間ドラマの”カモネギ状態”

昆虫食を実践しているという長澤まさみ

『マスカレード・ナイト』に出演している長澤まさみ

 9月17日から公開される映画『マスカレード・ナイト』。木村拓哉主演で大ヒットした映画の第二弾で、ホテルを舞台にさまざまなドラマが展開される。ホテルが舞台となることの強みについて、過去の作品を振り返りながらコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 容疑者は仮面を被った500人! 累計450万部突破の東野圭吾の小説シリーズを実写化した『マスカレード・ホテル』(2019年)の続編『マスカレード・ナイト』。

 舞台は前作と同じ超一流ホテル「コルテシア東京」。大みそかに行われるカウントダウンパーティー“マスカレード・ナイト”に殺人犯が現れると警察に匿名の密告状が届く。犯行予告のタイムリミットは24時間。捜査本部に呼び出された、木村拓哉演じる破天荒な刑事・新田浩介は、再びホテルマンに扮し、生真面目なコンシェルジュの山岸尚美(長澤まさみ)と組んで潜入捜査にあたる。

 密告者、未解決事件、仮装パーティー、迫りくる犯行時間、新田が魅せるアルゼンチンタンゴなどなど、今回も複雑にしてゴージャスなミステリーになっている。この作品の一番のポイントは、現場が「ホテル」であることだ。

 これまでにもホテルは、さまざまな映画・ドラマの舞台になってきた。

 ミステリー系の名作のひとつが、1969年に発表された森村誠一の第15回江戸川乱歩賞受賞作品『高層の死角』。高層ホテルの最上階の居室で暮らすホテルのオーナー社長が密室状態で刺殺されたことから始まる難事件。何度かドラマ化され、そのたびに少し設定は違うが、密室のトリックや容疑者のアリバイ崩しなどは、みどころとなってきた。

 長くホテル勤務をしてきた作者の原作を読むと、発見者となるルームメイド主任(キャプテン)が、コーヒーポットの保温具合を確かめたり、客室のドアをどの程度の強さでノックすればよいかなど、きめ細かいサービスを心得ていることがよくわかる。こうしたプロの心得や洗練された応対は、ホテル作品の魅力のひとつだ。

『マスカレード・ナイト』の新田も、前作では「『いらっしゃいませ』では15度、『ごゆっくりお過ごしください』では30度、『申し訳ございません』では90度」といわれるお辞儀や、制服の上着の前での手の組み方などの所作を身につけていった。きっちりした制服ドラマでもある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン