• TOP
  • 国内
  • 小室圭さん、会見で求められる「完璧な説明」 NG質問なしは可能なのか

国内

2021.09.21 16:00  NEWSポストセブン

小室圭さん、会見で求められる「完璧な説明」 NG質問なしは可能なのか

婚約内定会見(代表撮影

婚約内定会見以来の会見が開かれる予定(撮影/JMPA)

 秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定者である小室圭さんが、近くアメリカから帰国すると報じられた。眞子さまとおふたりで記者会見を開く方向で検討しているという。

 もしもおふたりでの記者会見が実現すれば、2017年9月の婚約内定会見以来約4年ぶりとなる。しかしその間、小室さんの母・佳代さんの元婚約者との金銭トラブルが発覚。そのほか、佳代さんの勤務先との労災トラブルなど、複数の疑惑も浮上している。さらに小室さん本人についても、ニューヨークでの就職活動の際に経歴書に虚偽の内容があった疑惑が『週刊文春』によって報じられている。

 数々の疑惑を抱える小室家だが、これまで国民を納得させるような釈明はなされていない。もしも記者会見が開かれるとなれば、それらの疑惑についてどんな説明をするかが、国民の関心事となるのは間違いない。

「眞子さまが同席されての記者会見となれば、宮内庁記者会の一部の記者のみが参加する形になると思います。質問についても宮内庁の事前チェックがあるでしょうし、突っ込んだ内容に触れることはありえない。小室さんにとっては、眞子さまが同席されることで、疑惑の追及から逃れられる形になるわけです」(皇室ジャーナリスト)

 このような状況にネット上では反発の声が噴出。

〈小室母の疑惑は小室母が釈明すべき。小室家の疑惑は小室家で釈明すべき〉
〈小室母子の両名による疑惑等の説明会見が先だろう〉

 など、小室さんが1人で、もしくは小室さんと佳代さんと2人で会見を開くべきだという意見が多いのだ。

「ここまで問題が長引いてしまっているなかで小室さんが国民から理解を得るのは相当難しい状況です。一縷の望みがあるとすれば、1人で“NG質問なし”の会見を開き、そこで多くの人々を納得させられる完璧な受け答えをするしかないでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

 しかし、小室さんによる“NG質問なし”の会見は現実的ではないとの見方もある。

「小室さん1人で会見を開いたならば、単純に疑惑を説明するだけはなく、世間を騒がせたことに対する“謝罪会見”という形になるのは必至です。会見の冒頭1分間くらい、無数のフラッシュがたかれるなか、小室さんが頭を下げ続ける……などという光景も想定できます。

 それはまさに前代未聞の“皇族の婚約内定者の謝罪会見”ということになり、結果的に眞子さまに恥をかかせるようなものだと言わざるを得ません。宮内庁がそういった会見を許す可能性は低いと思います。少なくとも、小室さんが記者からの集中砲火を受けるような状況は、選択しづらいのではないでしょうか。

 たとえば、宮内庁仕切りで小室さんが1人で会見し、そこで様々な疑惑に対する説明をした後、眞子さまとおふたりでの結婚に関する会見に移行する、という2部構成ならありそうですね」(別の皇室ジャーナリスト)

関連記事

トピックス