• TOP
  • 国内
  • 「ぞんざいな言葉遣い」反省の河野太郎氏に伝えたい「適切な怒り方」

国内

2021.09.23 11:00  NEWSポストセブン

「ぞんざいな言葉遣い」反省の河野太郎氏に伝えたい「適切な怒り方」

(時事通信フォト)

「怒り」のせいで真意が伝わらないことがないように(時事通信フォト)

 自民党総裁選に出馬した河野太郎・行政改革担当大臣。岸田文雄氏と並んで総裁選の有力候補と見られているが、何かと毀誉褒貶がある存在でもある。9月1日には、資源エネルギー庁の幹部職員に「日本語わかるやつ出せよ」などと怒鳴りつけたというパワハラ疑惑が報じられ、話題になった。

 河野氏は、9月15日放送の『大下容子ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)に総裁選候補者として生出演した際、元衆院議員でタレントの杉村太蔵から「河野さん、役員を怒鳴るでしょう?」と直球質問をぶつけられた。

 杉村は、「立場の弱い人をガンガン、ガンガン責め立てるでしょ? 鋭い言葉で。これは僕が河野総理・総裁が誕生したときに一番心配していることです。霞が関の役人の方々は貴重な人材です。われわれ国民の財産です。その人たちの能力を十分発揮できるリーダーなのか、すごく不安を持っています」と訴えた。

 杉村の言葉に河野氏は神妙な面持ちで頷き、「時々、言葉遣いがぞんざいになるのは直さないといけないと思います」と反省の弁を述べた。その上で、規制改革を担当する立場として、「そこはやっぱり立場が上だ下ではなく、おかしいものはおかしいと指摘しなきゃいけない」と語った。さらに「私は生まれ育ちが平塚で、平塚弁はちょっとキツくなるところがあるのかもしれない」と釈明したが、杉村に「平塚の人が聞いたら怒りますよ。私が知っている平塚の人は、そんなにキツくないですよ」とツッコミを入れられた。

 その後、河野氏は9月16日に実施されたグループインタビューでも「言葉遣いは丁寧に丁寧にやらにゃいかんのかなと思う」とコメントしている。しかし、自身のTwitterアカウントで頻繁にブロック機能(特定のアカウントに自らの投稿を表示させないようにする)を行使することからも窺えるように、どうも河野氏はカッとなりやすい性質なのかもしれない。

 つい言葉遣いがぞんざいになる、つい怒鳴るといった行動を防ぐためには、どうすればいいのか? 一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事を務める戸田久実氏は、「イラッとしても6秒間やり過ごせるようになりましょう」と勧める。

関連記事

トピックス