ライフ

顔の印象を左右する「胸鎖乳突筋」 簡単にできるストレッチ&エクササイズ

石原さとみも鍛えているという胸鎖乳突筋

石原さとみも胸鎖乳突筋を鍛えているという

 左右の耳かの後ろから左右の耳の後ろから鎖骨に向かって斜めに発達している「胸鎖乳突筋」。この筋肉を鍛えることで、あごのラインがすっきりし、横顔が美しく見えるようになるのだという。

 また、胸鎖乳突筋は顔の筋肉とつながっており、ここがピンと張っていることで、顔の筋肉がゆるんでいくのを防ぐことができる。胸鎖乳突筋を鍛えれば、顔のたるみを解消できるというわけだ。

 顔の印象を左右する大事な胸鎖乳突筋だが、脚や腕の筋肉のように日常生活の中で鍛えられることはほとんどない。意識しなければ、40代以降、加齢によって衰えてしまうという。

 また、最近ではコロナ禍によるマスク生活でフェイスラインを意識する機会が減っている。このまま半年、1年とマスク生活が続くうちに、どんどん輪郭がぼんやりとし、別人のような顔になってしまう可能性があるのだ。

 一方で、50代や60代になって、首回りがやせてしまい、筋が浮き出ていることを気にする女性も多い。この悩みも、胸鎖乳突筋を鍛えることで解決できるという。

 タレントやモデルが多く通う東京・六本木のパーソナルトレーニングジム「STELLA GYM」の代表で、トレーナーの玉置達彦さんは、こう話す。

「胸鎖乳突筋にハリが出ると、若々しく見えるので、年齢を重ねたかたこそ、鍛えてほしい。リラックスしながらできる簡単なエクササイズなので、ぜひ試してください」

 筋肉を鍛えるといっても、激しい筋トレは必要ない。誰でも気軽にできる方法を玉置さんが紹介する。

関連キーワード

関連記事

トピックス