国内

小室圭さん、厳重警備に現場の警察官「一民間人にここまで…」複雑な本音

SPと見られる男性らに囲まれ通路を歩く小室氏

空港では厳重な警備が敷かれていた

 秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんが9月27日、滞在先の米ニューヨークから約3年2か月ぶりに帰国した。
 
 他の乗客が降りたあと最後に飛行機を降りた小室さん。他の乗客と顔を合わせないように、ビジネスクラスの先頭座席に座っていたという。千葉県警の警察官や航空会社のスタッフら20人以上に囲まれて報道陣の前に姿を見せた。長い髪を後ろでまとめ、濃紺のスーツにストライプのシャツを着た小室さんは、報道陣の前で一礼したあと、無言のまま空港内を進んだ。
 
「千葉県警や警視庁、空港の職員など関係者70人以上が小室さん帰国の対応に追われました。1人の民間人の帰国に対してこれだけの警備体制が敷かれるのは異例といっていいと思います」(警備関係者)

 空港内では、イヤホンを耳につけた背広姿の屈強な男性と女性ら10名ほどが声を潜めて打ち合わせをしている光景もあった。私服警察官まで動員されていたようだ。

 警備にあたった警察官の1人はこう本音を打ち明ける。

「小室さんは、眞子さまの婚約内定者でもありますし、不測の事態に備えて警備依頼があったからには責務をまっとうします。しかし、一民間人の警備に、ここまでやる必要があるのだろうか…と。税金投入に批判的な声があるなか、そう複雑な思いを抱いている警察官は少なくありません」

 入国手続きを終えた小室さんは、空港の地下駐車場で車に乗り込んだ。前後には警察車両がつく体制のまま、車は約2時間後、横浜市の自宅マンションに到着した。
 
 自宅横には神奈川県警の警察官が詰めるポリスボックスが設置され24時間の警備体制が取られた。この日は、昼すぎから10人ほどの警察官が周囲をガードするなどの厳戒態勢が敷かれた。

「今回、空港の警備に関しては千葉県警主導で行い、小室さんの実家を管轄するのは神奈川県警です。そして、車での“護送”は県境をまたぎますが、警視庁が主導していました。警備に関しても密に連携をとって行っていたのでしょう。そうした事前の準備を考えれば、どれだけ多くの警察関係者が動員されたのか…。

 こうした警備費用の原資となるのはもちろん税金です。神奈川県の実家の警備だけでも2週間で300万円は超えるといわれています。今後、これだけの警備体制が果たして適切だったのか、議論になる可能性もあります」(皇室担当記者)

 眞子さまとの会見は隔離期間があける2週間後に検討されている。そのときも、厳重な警備体制が敷かれた状態で、小室さんを乗せた黒塗りの車が会見会場に向かうことになるだろう。

関連記事

トピックス