芸能

談志・没後10年 高田文夫が振り返る「落語の師匠」「心の兄貴」の思い出

立川談志が亡くなってからもう10年

立川談志が亡くなってからもう10年

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。没後10年、落語の師匠であり芸能界の親分であり、ロック魂的には心の兄貴でもあった立川談志についてつづる。

 * * *
 自分で考えていた戒名が「立川雲黒斎家元勝手居士」。“うんこ・くさい”なんて事を死ぬまで言ってる大人なんてこの師匠しかいない。お墓にはきちんとこの戒名が刻まれている。

 10年前「談志が死んだ」(下から読んでも)の文字が紙面に大きく……。2011年(平成23年)11月21日死去。享年75。そうかあれから10年たつのか……談志の写真を見ながら、柄にもなくしみじみしてしまう。私だってあと2年もすりゃ75なのだ。自分は何をしてきたかなと考えてしまう。

 立川談志は私の落語の師匠であり芸能界の親分であり、ロック魂的には心の兄貴でもあった。談志が亡くなった丁度ひと月後私の一番弟子を自負していた天才映画監督森田芳光が亡くなった。大震災のあったあの年の最後である。このタイミングでやたら「談志師匠没10年」「森田監督没10年」この機に乗じてってのも変だが中には「2001年高田さんの盟友古今亭右朝が亡くなってすぐにその師である志ん朝師が亡くなり、あのニューヨークテロからも20年。何かコメントを……短い想い出エッセイなど?」なんて依頼が続く。

 立川談志は1936年(昭和11年)東京市(この表記が古いネ)小石川区に生まれる。私の記憶が確かなら同い年は長嶋茂雄、故・桂歌丸、故・東八郎のはず。1952年に16歳で柳家小さんに入門。「なんで小さん師匠を選んだの?」ときいたら「清潔そうな芸風が好きだった」と言った。

 本名が松岡克由なので「小よし」。1954年二ツ目に昇進「小ゑん」と名乗る。私は1962年あたりに小ゑんの名で司会をやっていた『歌まね読本』をずっと見ていた。ヒットCMは“ホンコンやきそば ホンコンにうまいよ”これでもう私のハートはわしづかみにされた。1963年志ん朝に抜かれて頭にきて立川談志で真打昇進。1965年には新宿紀伊國屋ホールで『立川談志ひとり会』スタート。私も客席へせっせと通い始める。この頃、マスコミから有望な若手という事で“若手四天王”と呼ばれる。「純烈」みたいなことか。志ん朝、談志、柳朝、圓楽である。ああもう字数が。

関連キーワード

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン