芸能

季節ごとの放送は時代遅れ? 民放の“空白期間”にNHKドラマが光る

『時空警察はじめました』に主演するオダギリジョー

『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』でオダギリは“脚本・演出・編集を務める

 民放では番組の改編期にあたるため現在、ドラマは放送されていない。そんな“空白期間”にNHKドラマ3作品が支持を集めている。その理由とは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが、民放が抱える課題とともに解説する。

 * * *
 9月中旬から下旬にかけて夏ドラマが次々に終了し、現在は民放各局の連ドラが放送されていません。

 そんな連ドラの空白期間と言える改編期の今、注目を集めているのがNHKのドラマ。9月に放送がスタートした『古見さんは、コミュ症です。』『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』『正義の天秤』の3作がネット上の話題を集め、しかもそろって評判がいいのです。

 季節ごとに民放各局の連ドラが入れ替わる日本では、視聴者の多くがそのスケジュール感が体に染みついているもの。それ以外の期間でスタートする作品は、どうしても埋もれてしまいがちですが、なぜこれらの3作は支持されているのでしょうか。

「どんなところがどう支持されているのか」を突き詰めていくと、NHKの強みと民放各局の課題が浮かび上がってきます。

映像美とスケール感で民放を圧倒

 最も反響が大きいのは、『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』。“脚本・演出・編集 オダギリジョー”という異例の制作体制、そのオダギリジョーさんが着ぐるみをかぶって警察犬を演じる演出、大物俳優から若手女優、文化人、妻の香椎由宇さんまでそろえた豪華キャスト……いずれも話題性が高く、「笑えるサスペンス作」という異色さも含め、好意的な声が飛び交っています。

『古見さんは、コミュ症です。』は民放各局がほとんど放送しなくなった高校生たちが主役の学園ドラマ。しかも35歳の増田貴久さん、35歳の城田優さん、32歳の溝端淳平さん、31歳の大西礼芳さんら30代の俳優を多数そろえてインパクトを生み出しています。また、人と話すのが苦手で筆談しかしないヒロインを筆頭に、ヤマンバメイクで寂しさをごまかすギャル、気の弱さを隠すために強面を装う少年、潔癖症で他人にふれられない生徒会長候補など、人との距離感に悩む若者たちが一歩踏み出す姿を描く温かいストーリーも好評です。

『正義の天秤』は元医師の天才弁護士が大手法律事務所の戦力外チームを率いて難事件に挑む法廷ミステリー。弁護士が主人公の作品は民放各局でもよく見られるものの、当作はよりハードボイルドな世界観と、スタイリッシュな映像と音楽が際立っています。亀梨和也さん演じる主人公が、事件関係者の魂を救うために法廷で熱弁するシーンも好評でした。

 この3作は異なるジャンルですが、共通しているのは映像の美しさとスケール感。いずれも演出へのこだわりは特筆すべきで、カメラワーク、セット、衣裳、ロケ地、劇伴なども含めて、たっぷり時間をかけて映像の美しさを追求している様子が伝わってきます。

 また、脱力感あふれるサスペンス、高校生が主役の学園ドラマ、ハードボイルドな法廷ミステリーという作品ジャンルも、視聴率獲得が優先される民放各局が避けがちなものばかり。そのレアなジャンルに挑む姿勢は、「犬の着ぐるみ」「ヒロインがしゃべらない」などの思い切った演出にもつながっています。

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン