ライフ

AIと衛星画像で進化する「MEGA地震予測」 最新警戒ゾーンMAP

「MEGA地震予測」を提供する村井俊治・東大名誉教授

「MEGA地震予測」を発信する村井俊治・東大名誉教授(写真/本人提供)

 本誌・週刊ポストはこれまで測量学の世界的権威である村井俊治・東大名誉教授の「MEGA地震予測」を定期的に掲載してきた。

 今年3月の宮城県沖地震(M6.9)や和歌山県北部地震(同4.6)をはじめ2016年4月の熊本地震(同7.3)など数々の地震発生を予測し、的中させた実績を持つ。

 村井氏は1983年に東大生産技術研究所の教授に就任し、1992~1996年まで国際写真測量・リモートセンシング学会の会長を務めた。そんな村井氏が地震予測を発信するきっかけになったのが、2011年3月の東日本大震災だった。

「震災1か月ほど前から東北地方の地表が異常な動きをしていることに気づき、地震の前兆と考えましたが、注意喚起ができず、甚大な被害を招いてしまった。この後悔から、予測を発信することを決意しました」

 MEGA地震予測は、国土地理院が全国約1300か所に設置した電子基準点のGPSデータを使って地表の動きを捉え、基準点の1週間ごとの上下動の「異常変動」、長期的な上下動の「隆起・沈降」、東西南北の「水平方向の動き」の3つの主な指標を総合的に分析する。昨年からはAIによる危険度判定を導入した。

 その結果、今回、村井氏は年末までに警戒すべきゾーンとして、別掲のMAPで示した5つのエリアをはじき出した。

東北警戒ゾーン

 3月と5月に宮城県沖地震が発生した東北で「異常変動」(上下動)が見られた。

「『水平方向の動き』では、この3か月間、毎週のように異なる方向の大きな動きが見られます。そうした東北全体の動きに対し、北は青森県、南は福島県で顕著に異なる動きが見られ、青森と岩手、宮城と福島の間に歪みが溜まっていると考えられる。AIによる危険度判定でも、東北はこの3か月、ほぼ毎週全国1位となっています」(村井氏)

首都圏警戒ゾーン

 東京都の伊豆諸島や静岡県の伊豆半島で「異常変動」が集中している。

「『水平方向の動き』でも、伊豆諸島で本州と異なる大きな動きが見られます。伊豆大島近海が震源だった2014年5月の地震では、大島が震度2でしたが、千代田区では震度5弱を記録した。伊豆諸島などで大地震が起これば、地盤の緩い都心で最も甚大な被害が出ることが予想されます」(同前)

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
ダイエット前の三谷アナ(写真/ロケットパンチ)
三谷紬アナ、10キロダイエット企画に「無理させすぎでは」と心配の声も 実は「バズり作戦」か
NEWSポストセブン
ダンディーな色気が増す中井貴一
中井貴一、佐藤浩市…活躍続ける“ネオカンレキ”俳優、「中高年の星」とは違う魅力
NEWSポストセブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった
『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン