芸能

片瀬那奈、テレビはもう難しい? 沢尻エリカと違う「姉御肌」の誤算

片瀬那奈は事務所を退所

片瀬那奈は事務所を退所

 女優の片瀬那奈(39)が、芸能界からシャットアウトされつつある。9月30日、芸能事務所「研音」は同日をもって片瀬が退所することを報告し、公式サイトや公式SNSも終了することが発表された。

 この電撃退所は、事実上のクビだったとの報道もある。片瀬は今年7月、同棲相手であるIT経営者がコカイン所持で逮捕されたことが『週刊文春』に報じられた。報道によると、片瀬は尿検査で陰性だったそうだが、芸能人はイメージ商売だ。コンプライアンスに厳しい現代のテレビ業界において、片瀬の起用は見送られる可能性が高そうだ。

「片瀬さんは、周囲に薬物逮捕者が相次いだことで、イメージが悪化してしまった。いくら“私は知らなかった。無関係”と言っても、一度ついたイメージは払拭しにくい。こうなると、特にテレビ局はオファーを出すのに二の足を踏んでしまう。むしろ、実際に逮捕され、罪を償った芸能人のほうが、セカンドチャンスが与えられやすいのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

 片瀬にとっては予想外の状況かもしれない。復帰が望まれているのは、片瀬の親友である女優・沢尻エリカ(35)も同じだ。2019年11月に麻薬取締法違反の罪で逮捕された沢尻は、周囲のサポートを受けながら自宅待機の日々を過ごしている。

「現在、執行猶予中の沢尻さんは、母親と兄夫婦のサポートを受けながら自宅で反省の日々を送っています。当時の夜遊び仲間との関係も断ち切ったようです。外出することはほとんどなく、映画や海外ドラマのDVDを毎日3~5本鑑賞する生活で、同じ作品を何度も見返すこともあるそうです。昨年からは、中国語の勉強も始めたみたいです」(沢尻の知人)

 沢尻の知人によると、「沢尻さんはまだ表舞台に出ることに戸惑いがあるみたい」とのことだが、沢尻を気にかける業界関係者は存在する。沢尻がヒロイン役を演じた映画『パッチギ!』(2005年)を手がけた井筒和幸監督はメディアで、「必ず、復帰の手伝いはしてあげようと思ってる」と明言している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
自転車を取り締まる警視庁の警察官(イメージ、時事通信フォト)
自転車「逆走」が招く重大事故 ドライバーには「一時停止無視のママチャリ」も恐怖
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
黄色の旗を掲げることで安否を確かめ合う「黄色い旗運動」
迷惑を最小限に抑える「理想の孤独死」を叶えるにはどうすればいいのか? 「早く見つけてもらう」ために活用すべき官民サービス、アプリなど
女性セブン