芸能

有吉弘行 “どん底”から這い上がった「毒舌王」の素顔を紐解く

弟子時代から様々なことがあった

弟子時代から様々なことがあった

 テレビで見ない日はないと言っても過言ではない。お笑いタレント・有吉弘行(47)のことだ。ヒッチハイクで一世を風靡し、急転直下レギュラーゼロも経験した有吉は、今やバラエティ界の頂点にまで上り詰めた。その浮き沈みを知る共演者が語る“素顔”とは──。ノンフィクションライターの中村計氏がレポートする。 (文中敬称略)

 * * *

オール巨人の弟子時代

 要領が悪いのにかわいがられる。18歳の頃の有吉弘行に対し、兄弟子の堀之内裕史は激しく嫉妬していた。

「有吉は媚を売ったり、おべんちゃらを言うタイプではない。でも、不思議なんですけど、先輩にも、師匠方にも、有吉の方がかわいがられる。だから、嫌いでしたね」

 冠番組11本。有吉は今、テレビタレントとして最高峰に君臨している。4月にはフリーアナウンサーの夏目三久との結婚を発表し、私生活ともども誰もが羨むようなポジションまで上り詰めた。

 そんな有吉だが、ブレイク以前を知る人物の多くは「こんなことがあるもんなんですね」と、一様に首をかしげる。

 堀之内は元芸人で、有吉と同じく、かつて漫才師・オール巨人の弟子だった。現在は滋賀県内の整体院「AQUAグループ」の社長だ。滋賀県一の整体院にすることが当面の目標だと話す。

 堀之内と有吉が出会ったのは1993年春のこと。上岡龍太郎と島田紳助が出演する深夜番組『EXテレビ』で、オール巨人の弟子を募り、公開オーディションが行なわれた。そこで合格したのが同い年の堀之内と有吉の2人だった。

 すでに大阪に住んでいた堀之内はすぐに師匠宅通いを始めた。それに対し、地元・広島県に住んでいた有吉は数週間遅れで大阪にやってきた。そのため、入門許可が下りたタイミングは一緒だが、堀之内は有吉の兄弟子という扱いになった。

 気が回り、用意周到な堀之内は、ほとんどヘマをしなかった。一方、有吉は、オール巨人に怒られてばかりいた。

 最初に厳しく指導されたのは広島弁だった。堀之内が回想する。

「有吉は広島弁が出るたび、師匠にあかんと言われてました。今では考えられないですけど、当時はまだ漫才は関西弁でやるものという意識が強かったんです。訛ったら怒られるし、でも話さなあかんし。それから、有吉はうまくしゃべれなくなってしまった。『…え』、『…え』みたいな」

関連キーワード

関連記事

トピックス