• TOP
  • 芸能
  • 「倫理を超える瞬間を描きたい」安藤政信が初監督作で“愛欲”を肯定する理由

芸能

2021.10.07 07:00  NEWSポストセブン

「倫理を超える瞬間を描きたい」安藤政信が初監督作で“愛欲”を肯定する理由

安藤政信

安藤政信が考える“愛欲”とは?

 オムニバス映画『MIRRORLIAR FILMS Seson1』が9月17日より公開中だ。山下敦弘(45才)、安藤政信(46才)ら注目のクリエイターが監督を務めた9つの短編から成る映画制作プロジェクトである本作。この内の1つ『さくら、』で、俳優でありフォトグラファーとしても活動する安藤政信が映画監督デビューを果たした。作品に込めた思いについて、安藤が語った。

 安藤の初監督映画『さくら、』は、金沢を舞台に3人の男女の愛のもつれを描いた物語。映像美で見せるポエティックな仕上がりが印象的な作品だ。なぜ安藤は、最初の作品のテーマに「愛」を選んだのか。

「愛が高まって倫理を超えてしまう瞬間に、俺は興味があるんです。しかし、今の社会では、愛欲という人間に必要な快楽がどこか忌避されている印象があって……。人間はときに愛に振り回されて、“過ち”を犯す生き物だけど、俺はその止まることのない愛欲を芸術で肯定したいんです。

 例えば、今の日本では、芸能人が過ちを犯してしまうと、仕事を干されて、ホームページから名前も消されて、すべてが無かったことにされる。確かにパートナーは傷つくから、当事者間では責められても仕方ない。でも、過剰な社会的制裁を加えられてしまう現状には、どうしても違和感が残る。だからせめて、映画という芸術作品においては、愛欲の美しさや醜さといった両面を撮りたかったんです」(安藤・以下同)

「ひとりで街を徘徊するのが趣味」という安藤。コロナ禍の東京のさまざまな街を歩きながら、すれ違った市井の人びとの一瞬のやりとりにも、幾つものドラマを見てきた。

「街歩いてても、明らかにワケアリなカップルをよく見かけるんですよ(笑い)。でも、そのふたりのお互いを名残惜しむ雰囲気はすごく抒情的で美しくて、俺は好きなんです。映画でも写真でも、ああいう愛の瞬間をポエティックに撮っていきたいですね」

関連記事

トピックス