スポーツ

フジテレビが頭を悩ませる「格闘家とタトゥー」放送基準問題

朝倉未来

朝倉未来の対戦相手・萩原京平はタトゥーも目立った(写真/AFLO)

 人気格闘技イベント「RIZIN」が初の配信限定大会「LANDMARK VOL.1」(10月2日)を開催した。配信先は国内最大規模の登録者数を誇る動画配信サービス「U-NEXT」。これまでサザンオールスターズやB’zなどの有名アーティストのライブ配信を行なってきたが、主催者の発表によれば、今大会はそれらの視聴数を大きく上回ったという。

 RIZINの看板選手である朝倉未来・朝倉海の兄弟を始め、昨今、格闘家の多くはYouTubeで自身のチャンネルを持ち、再生回数が100万回を超える動画を連発している。ネット配信と格闘技の親和性の高さが改めて示された形だが、そんな格闘技ブームのなか、頭を抱えているのがRIZINの地上波放送を担うフジテレビだ。

「オンエアのハードルが高くなってきている。とくにゴールデンタイムの放送が難しい」

 フジテレビ局員がそう嘆息する理由は、主な日本人選手の「タトゥー」だという。2日の「LANDMARK VOL.1」でも、メインカードの朝倉未来の対戦相手、萩原京平は全身にタトゥーを入れていた。そのほかRIZIN10月大会のバンタム級トーナメント2回戦にも進出した金太郎や、キックボクシングから総合格闘家に転身した平本蓮など、多数の人気選手が体中にタトゥーを入れている。
 
 格闘技ライターの堀江ガンツ氏が語る。

「地下格闘技出身の選手が増えてきたことで、タトゥーの入った選手が目立つようになりました。フジテレビも地上波の放送となるとコンプライアンスの面で神経質になっているようで、ゴールデンタイムに全身タトゥーの日本人選手の試合が放送されることは基本的にはない。現場で取材する身として感じるのは、テレビ局側に明確な基準があるというより、放送できないことが“暗黙の了解”になっているのではないか、ということ。選手側もそれを受け入れているように見える」

 フジテレビにタトゥーの入った選手の放送基準について聞くと、「制作の詳細についてはお答えしておりません」(広報局)とのことだったが、過去にはライバル団体のK-1でも同じ問題が浮上したことがある。2015年の大晦日大会(TBS系)で魔裟斗と山本“KID”徳郁が再戦した際、KIDのタトゥーを問題視する報道があり、当日はKIDがラッシュガードを着用して、タトゥーが見えないようにした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン