ライフ

危険な薬の飲み合わせ 「薬局ヒヤリ・ハット」に報告された併用禁忌事例

危険な組み合わせで薬が処方された事例も…(イメージ)

危険な組み合わせで薬が処方された事例も…(イメージ)

 健康のために飲んでいた薬が、飲み合わせによっては“死を招く”リスクになる。「そんな薬が処方されるワケがない」──そう思うかもしれないが、製薬会社が「併用禁忌」とした危険な飲み合わせが、医師の“うっかり”によって処方されているのだ。

 そうした事例を集めたのが、「薬局ヒヤリ・ハット事例」だ。同事例をまとめた日本医療機能評価機構の医療事故防止事業部担当者が説明する。

「調剤に関するヒヤリ・ハット事例、処方医への疑義照会や情報提供に関する事例などを対象に、全国4万超の薬局から報告されたものです。薬剤師が併用注意、併用禁忌に当たる飲み合わせを検討した結果、患者さんの健康被害を防ぐことができた事例が多数あります」

 実は薬の飲み合わせのリスクに対する意識が高まったのは、それほど昔のことではない。内科医の谷本哲也氏(ナビタスクリニック川崎)がいう。

「薬の飲み合わせで患者が時に死に至ることを世に知らしめるきっかけとなったのは、1993年にある抗ウイルス薬と、抗がん剤を一緒に飲んだ人が相次いで亡くなった有名な薬害事件が起きたことです」

 現在、多くの人が服用する生活習慣病の治療薬にも「併用禁忌」が存在する。実際危険な組み合わせで処方された事例について、「薬局ヒヤリ・ハット事例」から紹介していく。

「すでに服用していた」事例も

 降圧剤(ループ利尿薬のアゾセミド)を服用中の80代男性(別掲の事例1参照)が、別の病院で併用禁忌の夜間頻尿治療薬(デスモプレシン酢酸塩水和物)を追加処方されたケース。

「ヒヤリ・ハット事例」には、男性が薬局で説明を聞こうとせず急かしたため、〈投薬時に薬歴情報で確認する併用禁忌情報をきちんと見ることができなかった〉と書かれている。医師に問い合わせ、夜間頻尿治療薬が処方中止になったので男性宅まで回収に行ったが、すでに服用後だったという。幸いなことに男性に服用の影響はなかった。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン