ライフ

危険な薬の飲み合わせ 「薬局ヒヤリ・ハット」に報告された併用禁忌事例

「薬局ヒヤリ・ハット」に報告された「使用禁忌」の危険な事例【1】

「薬局ヒヤリ・ハット」に報告された「使用禁忌」の危険な事例【事例1、事例2】

 病院薬剤師としての勤務経験があり、これまで医師による「危ない処方」を目の当たりにしてきた銀座薬局代表薬剤師の長澤育弘氏が指摘する。

「処方された夜間頻尿薬は尿崩症という病気の治療に用いられます。尿が出すぎないよう水を体内で再吸収する働きを助けますが、ナトリウムは再吸収されず尿として排出されます。そこに利尿薬が合わさると、さらにナトリウムが排出されるので、最悪の場合は死に至る『低ナトリウム血症』を引き起こします」

 同様に併用禁忌とされるサイアザイド系利尿薬(インダパミド)と夜間頻尿治療薬(デスモプレシン酢酸塩水和物)が同時処方された80代男性の事例もある。途中までは薬剤師も見落としたまま調剤されたが、薬を手渡す前の最終チェック段階で発見されたという。

「デスモプレシン酢酸塩水和物は珍しい薬で、医師も薬剤師も併用禁忌を把握していないケースが多いと考えられます」(長澤氏)

 降圧剤が高血圧以外の治療を目的に処方され、併用禁忌が生じたというケースもある。

 β遮断薬(プロプラノール塩酸塩)と、併用禁忌の解熱鎮痛薬(リザトリプタン安息香酸塩)を同時処方されたのは30代の男性(別掲の事例2参照)。薬剤師が疑義照会したところ、医師は「併用禁忌は知っていたが、混雑のためうっかり処方してしまった」という。

 国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎医師が指摘する。

「β遮断薬は高血圧だけでなく片頭痛の治療にも使われます。リザトリプタン安息香酸塩も片頭痛治療薬なので、30代の患者さんは片頭痛を訴えて受診し、とりあえず2種類の薬を処方されたのだと考えられます。併用により後者の作用が増強されるため、呼吸困難や失神などの副作用が強く出る恐れがあります」

 特定の病気の患者にだけ禁忌とされる組み合わせもある。

 降圧剤の直接的レニン阻害薬を服用中の50代女性は、血圧上昇が認められたため新たに降圧剤(ARB)が追加処方された。実は女性は糖尿病を併発しており、追加処方された組み合わせは「糖尿病患者に使用する場合」に併用禁忌だった。

「製薬会社のサイトによると、糖尿病患者に対する治験の結果、直接的レニン阻害薬とARB/ACE阻害薬の併用で脳卒中や腎機能障害、高カリウム血症などの発症リスクが高まる可能性がわかったということです。糖尿病でなければ『併用注意』なので、専門家でも混乱するタイプの併用禁忌事例と言えます」(長澤氏)

 一方、糖尿病治療薬そのものでは、併用禁忌は多くないという。

「唯一あるのが血糖降下作用のあるスルホニル尿素(SU)薬のグリベンクラミドと、肺高血圧症治療薬のボセンタン水和物との飲み合わせです。添付文書には肝酵素値上昇の発現率が増加したとあり、肝細胞内に胆汁酸塩が蓄積し、肝機能障害が生じるリスクがあります」(長澤氏)

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン