芸能

「まえだまえだ」の前田航基&旺志郎 “演技派兄弟”の対照的な強み

兄弟漫才コンビとして世に出たのは10年以上前だ(AFP=時事)

映画『奇跡』でダブル主演を務めた際の前田航基(左)と前田旺志郎(写真/AFP=時事)

 前田航基(22才)と前田旺志郎(20才)兄弟が、近年俳優として話題を集めている。現在、兄の航基はNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』に、弟の旺志郎は映画『キネマの神様』や『うみべの女の子』と話題作に出演中。小学生の時に漫才コンビ・まえだまえだとして活躍した2人が、今は大学生になり俳優として活躍する姿に、多くの人が新鮮味を感じているようだ。2人のそれぞれの違いや魅力について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 かつて漫才コンビ・まえだまえだとして、愛らしい芸風でお茶の間を沸かせていた前田航基、旺志郎兄弟も気付けばもう大人。兄弟揃って俳優として目覚ましい活躍を見せており、SNSなどの口コミでは「兄弟揃っていい俳優」「各々成長して上手く異なる味を出してきた」などさまざまな声が寄せられている。確かに、兄・航基は個性的な役どころを、弟・旺志郎は素朴な役どころを多く務め、“演技派兄弟”としてそれぞれの魅力を発揮しているのではないだろうか。

 出演作が相次ぐ前田兄弟だが、彼らが俳優として広く知られるようになったのは、やはり兄弟でダブル主演を務めた2011年公開の映画『奇跡』だろう。同作は、『万引き家族』が第71回カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルム・ドールを受賞した是枝裕和監督(59才)による作品で、九州新幹線の全線開通を記念して制作されたもの。両親の離婚により鹿児島県と福岡県で離ればなれに暮らす小学生の兄弟が、ある“奇跡”を起こすために仲間たちと奮闘する姿が描かれている。

 この兄弟にそれぞれ扮したのが前田兄弟。少年少女が持つ瑞々しさを丁寧にすくい取る是枝監督らしい演出によって、お笑いタレントの印象が強かった当時の2人の等身大の魅力が映像に刻まれた。それ以前にも2人の出演作はあったが、同作以降、俳優としての活躍を意識させられることが強くなったように思う。実際、メジャー、インディーズを問わずさまざまなタイプの映画作品や、大河ドラマ、さらには舞台にと、両者ともに話題作への出演が絶えないのが現状だ。

 そんな2人が特に話題になったのが、“朝ドラリレー”を果たした時のこと。現在は兄・航基がヒロインの幼馴染み役として出演中だが、その前シーズンには弟の旺志郎が、朝ドラの『おちょやん』に出演し、ヒロインにとって息子のような大切な存在の役を演じた。視聴者にとって、歴史ある朝ドラへの出演は衝撃だったようで、SNSでは「朝ドラリレーを果たすとは、大人になった今でもまえだまえだはすごいんだな」といった、兄弟揃っての活躍に注目する声が多く見られた。

関連キーワード

関連記事

トピックス