芸能

「まえだまえだ」の前田航基&旺志郎 “演技派兄弟”の対照的な強み

 兄・航基の強みといえば、やはり力強い個性だろう。『おかえりモネ』では、金髪頭のハイテンションで登場した際、多くの視聴者に強烈なインパクトを与えた。航基が演じている後藤三生は、歴史ある寺の住職の息子。しかし、ロックバンドに熱中したり、ラッパー活動に目覚めたりと、他のどの登場人物よりも自由度の高い豪快なキャラクターを演じ、作品全体のムードメーカーを担っている印象だ。

 また、三生の自由さは寺の跡取りというプレッシャーの反動から来るものでもあったが、決意を固め剃髪した93話での航基は、それまでのひょうきんさを覆す真剣味を声と表情にストレートに乗せて視聴者を驚かせた。周囲はもちろんのこと、視聴者にも三生の“本気”を伝えることに成功したのではないだろうか。

 一方、弟・旺志郎の持ち味は、その素朴さにあると思う。作品のムードを左右するような個性的なキャラクターにハマる兄とは対照的で、純朴な等身大の若者役に非常によくハマる印象だ。『キネマの神様』で演じている主人公の孫の役も、『うみべの女の子』で演じているヒロインに淡い恋心を抱く中学生の役も、“個性”を打ち出した役どころではなく、いずれも素朴な若者だ。

 とはいえ、一口に「素朴」と言っても、役はそれぞれ別もの。旺志郎は周囲の人物との関係性に合わせてキャラクターを巧みに演じ分けているようだが、こうした役に応じた差をどの程度まで表現すべきか、器用さが問われるところだろう。話題となった『おちょやん』では、実の両親を亡くし、ヒロインたちに“家族”として迎えられる青年に扮したが、表向きは明るい性格の若者ながら、本心では大人を信用できない人物だった。しかし、大人たちと交流するうちに次第に心を開いていく姿を、旺志郎はドラマのサブストーリーとして見事に展開していたと思う。同作で主として描かれていたのはヒロインの生涯だが、そこに旺志郎は控えめに寄り添い作品に貢献したのだ。

 それぞれに魅力を発揮し、得意な役どころを掴んでいる前田兄弟。彼らの共演を望む声も多いが、実は『キネマの神様』に兄の航基もわずかながら出演しており、『奇跡』以来、10年ぶりの映画での共演が実現している。出演シーンが異なるため2人のやり取りは見られないが、10年の時を経て、好対照をなす演技派兄弟の演技は一見の価値があるだろう。

【折田侑駿】
文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン