• TOP
  • 芸能
  • 『相棒』水谷豊にまさかの弱点! 極度の「〇〇音痴」だった

芸能

2021.10.13 07:00  NEWSポストセブン

『相棒』水谷豊にまさかの弱点! 極度の「〇〇音痴」だった

15分の長台詞も簡単に覚えてしまうという水谷(時事)

15分の長台詞も簡単に覚えてしまうという水谷(時事)

 待望の「season20」がいよいよスタートする『相棒』(テレビ朝日系)。2000年の単発ドラマから21年間、テレビシリーズや劇場版はもちろん、ノベライズ、コミカライズ、さらには宝塚歌劇団の演目やゲームにもなった国民的作品だが、今作でも警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)の活躍と、第1話からの緊迫の展開に早くもファンは盛り上がっている。

 主演の水谷は子役として芸能界入りし、『太陽にほえろ!』(1972年)、『傷だらけの天使』(1974年)などで松田優作や萩原健一と共演して人気を博した。主役として当たり役になったのが『熱中時代』(1978年)の教師・北野広大で、その後は主役を張れるスターとしての地位を確固たるものにしてきたが、役者人生の代表作といえば、いまや『相棒』を挙げるファンが大多数だろう。

「週刊ポスト」(10月15日発売号)では水谷の役者人生を振り返り、親交のある業界関係者や俳優仲間の証言で、その人物像と俳優としての魅力を解き明かしている。詳細は本誌に譲るが、『傷だらけ―』で共演したホーン・ユキ氏は、撮影現場で若き水谷に「スカートめくり」された事件を明かしている。今の時代にそんなことをすれば芸能界でも大問題になりそうだが、「キャッキャと言いながら逃げていく」水谷を思い出すというユキ氏は、「私のなかでは、まじめだけどどこかヤンチャな高校生のような、ユーモアを併せ持った方という印象です」と評している。

 飄々として冷静沈着、緻密な推理を組み立てる右京にも、たしかにたまに見せるヤンチャや笑顔があるが、関係者が口をそろえる俳優・水谷豊は、どんな役でも綿密に役作りし、計算され尽くしたキャラクター設定と芝居で演じ切るプロフェッショナルだ。「season14」までと劇場版で監督を務めた和泉聖治氏によれば、『相棒』の特徴でもある右京の長台詞を、水谷は一言一句違わず完璧にこなすという。しかも本人は「さっと一回読んだあと、お風呂で反芻するくらい」で台詞を覚えてしまうと語っているそうだ。まさに右京顔負けの明晰さである。

 一方で和泉氏は、前出・ユキ氏も指摘していた水谷の愛嬌ある、ちょっとお茶目な一面も印象に残っている。以下は本誌では紹介できなかったエピソードだが、まさにその長台詞の緊張する現場で見せた水谷の姿だ。

「ある時の撮影で、豊さんが15分以上も長い台詞を話すところに、別の刑事がドアを開けて入ってくるシーンがあった。ところが、その刑事役が一瞬だけ台詞をトチッちゃったんですよ。僕もアッと思ってカットしようか迷ってたら、豊さんが両手を大きく叩いて大笑いして、『オッケー!』って言って場を和ませてくれたんです。右京の顔ではなく、若かりし日に演じていた気のいいアンチャンのような感じですね。

 出番まで3時間も待たせてしまったこともありましたが、そんな時も『オッケー!』って言ってくれたりね。普通は不機嫌になるようなところでも顔色一つ変えない。とてもチャーミングな人だなあと思いました」

関連記事

トピックス