• TOP
  • 国内
  • 首都直下型地震や南海トラフ地震「いつ起きてもおかしくない」と専門家

国内

2021.10.15 07:00  女性セブン

首都直下型地震や南海トラフ地震「いつ起きてもおかしくない」と専門家

(時事通信フォト)

10月7日の地震で駅構内で夜を明かした人もいた(時事通信フォト)

「地震です、地震です」。東京都江東区に住む佐々木綾子さん(仮名・56才)の家族4人のスマホから一斉に警報が鳴り響いたのは、彼女がお風呂に入った後、ドライヤーで髪を乾かしながらテレビを見ている最中だった。

 佐々木さんが住むマンションは、いわゆるタワーマンションと呼ばれる超高層マンション。40階に住む彼女は、警報を聞いた直後、下から突き上げるような「ドン」という衝撃を感じた。強い横揺れが始まり、なんとか家族全員で食卓の下に潜ろうとしたが、立っていることさえままならない。皿やグラスが音を立ててぶつかり合い、リビングの液晶テレビはいまにも倒れんばかりに、前後に激しく揺れている。目の前にある棚からは、家族写真を入れたフォトフレームが落ち、ガラスが粉々に砕け散った──。

 同時刻、足立区の舎人公園駅付近を走る日暮里・舎人ライナーの車内は阿鼻叫喚のるつぼと化していた。

「駅を出て間もなく突然減速し始め、車体が大きく横に揺れたんです。急ブレーキがかかった衝撃と横揺れで多くの人が座席から投げ出されました」(乗り合わせた男性)

 騒然とする車内に、「医師のかたはいませんか」と言う女性の声が響いた。見ると、座席に腰かけていた30代くらいの女性が、後頭部にけがを負い、首元が血で染まり始めていた。

「揺れで後頭部をぶつけ、切れてしまったようです。居合わせた20代の男性が止血を行った後、救急搬送されました」(前出・乗り合わせた男性)

 10月7日22時41分、千葉県北西部を震源に地震が発生。埼玉県川口市や東京都足立区などで震度5強、そのほか関東の広い範囲で震度5弱の揺れが観測された。震源の深さは75km、地震の規模を表すマグニチュードは5.9と推定される。東京23区や埼玉県で震度5強を観測したのは、東日本大震災以来だった。

 幸いにも津波は発生しなかったが、重軽傷者は5都県で32名。水道管の破裂などによる漏水が30か所で確認され、鉄道への影響も大きかった。日暮里・舎人ライナーが脱輪したほか、山手線など首都圏の在来線16路線で運休や大幅な遅れが発生。駅には帰宅難民があふれ、タクシー乗り場には長蛇の列ができた。

関連記事

トピックス