• TOP
  • 国内
  • マッチングアプリ使い3億円奪った27歳女 狙いは「高齢者の退職金」

国内

2021.10.15 19:00  NEWSポストセブン

マッチングアプリ使い3億円奪った27歳女 狙いは「高齢者の退職金」

matching

被害総額は3億円(写真はマッチングアプリに登録された西村容疑者のプロフィール画像)

被害総額は3億円(写真はマッチングアプリに登録された西村容疑者のプロフィール画像)

 大阪府八尾市で、マッチングアプリで出会った高齢男性から1600万円を騙し取ったとして、無職・西村恵梨奈容疑者(27)と自称投資家・吉田清一容疑者(50)が詐欺容疑で逮捕された。被害者は他に40人以上、被害総額は3億円にのぼるとみられている。この容疑者2人の関係性が取材によって分かってきた。

 全国紙社会部記者が事件の経緯を語る。

「西村容疑者は共犯の吉田容疑者の指示のもと、高齢男性から『奨学金や銀行のカードローンの返済がある』と金を借りていたが、返済した形跡はない。被害者はほぼ全員が60代以上で、最高齢は79歳です。5000万円以上持っていかれた男性もいる。被害者は関西から関東にまで及び、関東在住の被害者はわざわざ西村容疑者に会うために大阪まで出向いてきたそうです」

 西村容疑者は公立大学の医学部看護学科を卒業後、大学附属病院勤務を経て大手企業の保健師として働いていた。捜査関係者はこう話す。

「西村容疑者と指南役の吉田容疑者は“男女の関係”ではなく、吉田が西村の大学生時代のバイト先の上司だった。数年前にそれぞれ現在のマンションへと引っ越してきた。2人の自宅は徒歩5分と離れていない距離です」(捜査関係者)

 2人は高齢男性の「退職金」に絞ってターゲットを決めていたという。

 前出・捜査関係者が続ける。

「西村がアプリで知り合った高齢男性と直接会ってからは、相手に看護師免許を見せ『借金を返済しないと復職できない』などと同情を誘っていた。ある程度の金額を受け取ると、次は『看護師時代のローンがある』、さらに『弟が大学に進学するのに、私が奨学金を返さないと弟が奨学金を借りることができない』と、重ねて金銭を要求していた」

 詐欺行為は、昨年5月からスタートしていたというが、なぜ今に至るまで発覚していなかったのか。

「巧妙なことに、西村は『毎月0.1%を返済します』という借用書を書いており、実際に指定された口座に振り込みもしていた。それでも疑いを抱いた相手には『ストーカーとして被害届を出す』と言うので、警察にも相談できずに泣き寝入りしていた被害者もいた」(同前)

 真相の解明が待たれる。

関連記事

トピックス