国内

甲府放火・逮捕19才少年 計画性の高さと「少年法改正まで半年」のタイミング

全焼した井上さん宅

全焼した井上さん宅

「少年法」が未成年の犯罪者を庇護するのは、「未熟ゆえの犯行であり、更生の余地がある」という前提に立つからだ。ならば、計画的かつ残忍な凶行で家族の日常と生命を奪った、あまりに身勝手な19才の少年に、守られるべき余地は残されているのだろうか。

 近所でも評判の美人姉妹は、両親を失った突然の悲劇に憔悴しきっているという。特に、“ターゲット”にされた姉(19才)は、「私のせいだ」と自責の念で自らの心を傷つけている。かたや、身勝手な理由で2人の命を奪った19才の少年Aの名は、かたくななまでに秘されたままだ。

 10月12日未明、山梨県甲府市郊外で発生した住宅火災。家屋が全焼し、焼け跡から50代の夫婦、井上盛司さんと妻・章恵さんの遺体が見つかった。

「パン、パンという爆発音で飛び起きました。窓からのぞくと、火の手が家全体に回っていて、夜の闇の中に大きな火柱があがっていました」(近隣住民)

 かろうじて焼け残った1階部分の骨組みが、火災の激しさを物語っている。しかし、井上さん夫婦の命を奪ったのは炎ではなく、刃物で10か所以上刺されたことによる失血死。内臓にまで届く深い傷もあったという。

「火災発生から15時間後、現場から20km離れた駐在所に“人を殺してしまった”と男が出頭。警察は19才の少年Aを任意同行し、13日未明に逮捕した。Aは顔にやけどを負い、右手小指を骨折していた」(捜査関係者)

不登校を家族で乗り越えた

 家族に温かい視線を送る温厚な父の井上さんと、地域の活動にも積極的に参加する活発な母の章恵さん。15年ほど前からこの場所に住む一家は、どこにでもある仲よし家族だった。 「お姉さんは中学時代に不登校になってしまった時期がありました。ですが家族の支えもあって、定時制ながら高校にも通えるようになった」(前出・近隣住民)

 甲府市内の定時制高校で、長女は将棋クラブに所属し、生徒会の役員も務めていた。努力家な面をもち、勉強も得意な彼女を慕う同級生は多かったという。

「妹さんは、毎朝7時頃にお友達が迎えに来て、自転車で中学校に向かっていました。お母さんに輪をかけて元気な子で、その明るさにお姉さんも引っ張られていたみたい」(別の近隣住民)

 事件当時、物音を聞いて目を覚まし、Aと鉢合わせた次女は、頭にけがを負わされながらも長女に異常事態を伝えた。危機的な状況下での行動には、姉妹の結びつきの強さが感じられる。しかし、2階のベランダから姉妹が命からがら逃げ出した直後、家族の思い出が詰まった家屋は炎に包まれた。

探し当てた住所と深夜の下見

 Aは、長女と同じ高校に通っていた。

「どちらかというと地味なタイプで交友関係も広くない。にもかかわらず生徒会長に立候補し、周囲を驚かせたこともあった」(高校の関係者)

 そんなAが一方的に恋心を抱いていた相手が長女だった。

「警察の取り調べに対し、Aは“思いを寄せていたが交際を拒否され、LINEをブロックされたこと”が犯行のきっかけだったと明かしています。事件前にはティファニーのアクセサリーを勝手に送りつけるなど、異常な執着をみせていた」(全国紙記者)

“片思い”が成就しなかったAは、長女の自宅住所を探し当てた。Aが犯行に及ぶ10日ほど前の深夜には、自宅を懐中電灯で照らす不審な人物も目撃されている。さらにAは「思い通りにならないので侵入しようとした。見つかれば家族全員を殺すつもりだった」と話している。

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン