• TOP
  • ライフ
  • 緑内障、大動脈瘤などの手術に伴うリスク、慎重な判断が必要な理由

ライフ

2021.10.21 07:00  週刊ポスト

緑内障、大動脈瘤などの手術に伴うリスク、慎重な判断が必要な理由

病気によっては手術が正しい選択にならないケースも(イメージ)

病気によっては手術が正しい選択にならないケースも(イメージ)

 病気治療のために医師から「手術」を勧められることもあるだろう。しかし、病気によっては必ずしも手術が正しい選択となるわけではないこともある。たとえば、緑内障の場合……。

「いまだに緑内障をレーザーで手術するのは日本くらいです」と語るのは、深作眼科院長の深作秀春医師。眼圧上昇などで視神経に障害が起きて視野が欠けていく緑内障は自覚症状が少なく、日本人の失明原因の第1位だ。

「しかも緑内障治療は、医師によって手術技術の差が大きい。たとえば日本では眼圧が急激に上がる閉塞隅角(へいそくぐうかく)緑内障などに対して、アルゴンレーザーで虹彩(黒目の内側、瞳孔の周りの部分)に穴を開けて眼圧を下げる『虹彩切開術』が主流ですが、レーザーで開けた虹彩が炎症を起こし、角膜細胞が障害されて移植が必要になることもあります。

 欧米では否定的な手術ですが、日本では短時間で終了して保険点数が高いので、今も幅広く行なわれています」(深作医師)

 水晶体が白濁することで視力が下がる白内障は、70代の8割が罹患するとされる。水晶体を人工レンズに入れ替える手術は安全性が高いとされるが、手術技術の差が結果に出やすい。

「大学病院や総合病院などの研修病院で手術経験の少ない医師だと執刀時に白内障が残って視力が出ない、水晶体が破れて核や破片を目の中に落下させ、炎症を起こして『網膜剥離』になるなど重篤な合併症を起こすことがあります。基本の手術こそ視力結果に技術差が出るのです」(深作医師)

 人体の要である心臓の不調も、慎重な判断を要する。心臓血管研究所付属病院の飯田充医師が語る。

「高齢になるほど心臓の開胸手術後に体にかかる負担が大きく、寝たきりや家から出られなくなるリスクが増します。特に80歳を超えたひとり暮らしの高齢者のなかには術後に施設暮らしを選ぶ人もいます。狭心症や不整脈、心房細動の症状が出ても、胸を切開する冠動脈バイパス手術をすぐに行なうべきか、ステントで血管を広げるかを他科の専門家と連携して考えてくれる病院が安心です」

関連記事

トピックス