芸能

古田新太が7年ぶり主演作で見せた“モンスターぶり”がリアルに怖い理由

古田新太

コミカルな役を演じることが多い古田新太

 9月23日より公開中の古田新太(55才)主演の映画『空白』。本作は、1人の娘を失った父親が、娘の無念を晴らすべくモンスター化し、彼女の死に関わった者たちを追い詰めていくという、人間の感情の“怖さ”を見つめた作品だ。7年ぶりに主演を務めた古田の演技が大きな話題を呼び、公開初週の映画ランキングでは6位につけた。古田の鬼気迫る演技について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 人間心理をえぐり出す鬼才・吉田恵輔監督(46才)による最新作『空白』。SNSなどの口コミには、「怖いけど泣けて、最後は救われる」「古田新太のモンスターぶりは映画史に残るレベル」など、作品の持つ強烈なテーマと主演の古田の演技に多くの反響が寄せられている。筆者もまったく同感だ。古田の演技に震え上がり、鑑賞後もしばらくは作品の余韻から抜け出すことができなかった。

 本作は、この秋に開催される第34回東京国際映画祭において、特集上映も決定している吉田監督のオリジナル映画。映画『新聞記者』や『ヤクザと家族 The Family』といったエッジの効いた作品を次々とプロデュースし、世に送り出してきた映画会社スターサンズ代表の河村光庸(72才)が、『愛しのアイリーン』に続いて吉田監督とタッグを組んだ作品だ。現代における“罪”と“偽り”、そして“赦し”を描き出している。

 あらすじはこうだ。ある日、1人の女子中学生が事故死してしまう。彼女がスーパーで万引きしようとしたところを店長に見つかり、追いかけられた末、車にはねられたのだ。少女の父親(古田新太)は、それまで娘に対して無関心だったものの、せめて娘の無実を証明しようと奔走。スーパーの店長を激しく追及するうちにその言動は過激化し、恐ろしいモンスターと化していく。

 本作で興味深いのが、“恐怖”を作り出しているのが主人公の古田だけではない点だ。古田演じる主人公・添田にとことん追い詰められていくスーパーの店長役は松坂桃李(33才)が演じている。彼は受けの芝居に徹し、日に日に憔悴しきっていくさまを体現することで、添田がいかに狂気的な人物であるかを観客に訴えている。さらに、娘役の伊東蒼(16才)や漁師である添田の部下を藤原季節(28才)といった若手が好演しているほか、田畑智子(40才)、趣里(31才)、 片岡礼子(49才)、寺島しのぶ(48才)らがそれぞれの立場で“関係者”として登場し、作品のテーマに深みを与えているのだ。

関連記事

トピックス