国内

紀子さま、眞子さま、佳子さま 母と愛娘が紡いだ時間を振り返る

母と娘の3人で過ごされる時間も残りわずか(写真/宮内庁提供)

母と娘の3人で過ごされる時間も残りわずか(写真/宮内庁提供)

 秋篠宮家の紀子さま、長女・眞子さま、次女・佳子さまが、お住まいで全日本ろうあ連盟の創立70周年を記念する映画『咲む』を鑑賞された(10月12日、秋篠宮御仮寓所)。眞子さまがご結婚を26日に控える中、母と娘の3人で過ごされる時間も残りわずか──母と2人の娘が歩まれてきた、愛おしい日々を振り返る。

●2004年4月

9才の佳子さまのフィギュアを見守る眞子さまと紀子さま(時事通信フォト)

9才の佳子さまのフィギュアを見守る眞子さまと紀子さま(時事通信フォト)

 当時9才の佳子さまが、『2004スプリングトロフィー・フィギュアスケート競技大会』に出場。紀子さまと眞子さまは、熱心に演技を見守られていた。

●2005年3月

御料牧場貴賓館を訪問された(撮影

御料牧場貴賓館を訪問された(撮影/雑誌協会代表取材)

 御料牧場貴賓館を訪問。紀子さまはスカーフ、眞子さまはアーガイル柄のカーディガン、佳子さまはチェック柄のスカートにそれぞれピンク色を取り入れられて春を感じる装いを。

●2007年4月

眞子さまが学習院女子の高等科、佳子さまが中等科にご入学

眞子さまが学習院女子の高等科、佳子さまが中等科にご入学 (撮影/雑誌協会代表取材)

 眞子さまが学習院女子高等科、佳子さまが学習院女子中等科の入学式に臨まれた。おふたりの成長に、紀子さまは優しい母の笑みを見せられた。

●2010年3月

姉妹で高等科、中等科をご卒業

姉妹で高等科、中等科をご卒業 (撮影/雑誌協会代表取材)

 眞子さまの学習院女子高等科、佳子さまの学習院女子中等科の卒業式にて。入学式と比べて身長が伸びた佳子さまは、眞子さまともほぼ同じくらいの背丈に。

●2013年12月

鑑賞後、紀子さまは佳子さまのフィギュアに言及(撮影/雑誌協会代表取材)

鑑賞後、紀子さまは佳子さまのフィギュアに言及(撮影/雑誌協会代表取材)

 ミュージカル『オペラ座の怪人~ケン・ヒル版』を鑑賞。紀子さまは鑑賞後、「佳子はフィギュアスケートをしており、劇中の曲に耳なじみがありました」と話されていた。

●2013年12月

外交団接待にご参加

外交団接待にご参加

 冬の恒例行事である鴨場での外交団接待に、眞子さまは20才(2011年)から参加。この年は12か国の大使らが参加し、眞子さまが英語で交流される場面も。

●2018年4月

紀子さまと眞子さまが顔を近づけた(撮影/雑誌協会代表取材)

紀子さまと眞子さまが顔を近づけた(撮影/雑誌協会代表取材)

『オランダの金の筆と銀の筆―子供の本の世界』を鑑賞。紀子さまが『読みたい本が増えましたね』と、眞子さまと顔を見合わせられた。

●2019年6月

おふたりがリンクコーデか(撮影/雑誌協会代表取材)

おふたりがリンクコーデのような装い(撮影/雑誌協会代表取材)

 おふたりそろって初夏らしいブルー系の装いで、横浜能楽堂特別企画公演『大典 奉祝の芸能』を鑑賞。上皇さまが詠んだ琉歌を歌詞にした琉球創作舞踊などを楽しまれた。

※女性セブン2021年11月4日号

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン