ライフ

実の娘に感じることも…「生理的にムリ」の正体 科学的根拠と改善策

「生理的にムリ」となることには理由がある

「生理的にムリ」となることには理由がある

 不気味なものを見たとき、怖い話を聞いたときなど、直接体に何かが触れたわけではないのに鳥肌が立つことがある。なんとなく「ムリ!」と拒絶していたことが、じつは生きていく上で重要な役割を果たしているかもしれない──。

 もしかしたら口にしたことがあるかもしれない、ある“パワーワード”が物議をかもしている。

 10月から『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の月曜レギュラーとなったYouTuber芸人のフワちゃん(27才)。4日に初登場したときも、いつもどおりの自由奔放キャラで番組を盛り上げたのだが、その後、SNSではちょっとした炎上となった。

《フワが不愉快》《フワちゃんが出るならもう見ない》《フワのせいで昼から気分が悪い》といった不快感を表すコメントが並び、《フワちゃんは生理的に受けつけない》といった“生理的嫌悪感”をあらわにするコメントも目立った。

 この「生理的にムリ」という拒絶反応は、ママ友の粘っこい話し方、姑の刺すような目つき、夫のクチャクチャ音を立てて食べる癖や爪を噛む癖など、直接何かされたわけではないが、不愉快に感じる人たちに使われるケースが多い。初対面でいきなりそう言われてしまう人もいる。

「個人的な感想ですけど」と前置きしながら、つい口にしてしまうこともあるが、この「生理的にムリ」という言葉によって、過去には議論が巻き起こった。

 たとえば昨年9月。エッセイストの安藤和津さん(73才)が当時の自民党総裁選に出馬していた石破茂衆議院議員(64才)について『バイキング』(当時、フジテレビ系)でこうコメントした。

《私、本当にごめんなさい。あのスローなしゃべり方が生理的にダメなんですよ。噛んで含めるようにお話ししてくださるんですけども。いまの時代にあのテンポは合わないと思う》

 スタジオは笑いに包まれたが、放送後にインターネット上では「ただの悪口ではないか」と批判の声が少なからず起こった。

 国会議員が問いただされた例もある。

 2017年6月の衆院憲法審査会で、辻元清美議員(61才)が過去に出版した著書の中で皇室について《生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない》などと語っていたことが問題視された。追及を受けた辻元氏はその後、謝罪に追い込まれた。

 このように、安易に人々の口にのぼりがちな「生理的にムリ」というフレーズだが、恋愛や結婚といった場面で使われることが最も多いのではないだろうか。婚活をする女性の間では、「いい人なんだけど、生理的にムリ」と結婚への踏ん切りがつかないことが多いという。

 さらに厄介なのは、結婚した後にも同じ悩みが生じることだ。夫婦問題研究家の岡野あつこさんが言う。

「離婚を考えている人から、『夫が生理的にムリになった』と相談を受けることはよくあります。この言葉が出てしまうと、夫婦で話し合って改善できる範囲は超越しているので、夫のダメージはかなりのもの。

 妻がそこまで拒絶するのは暴力が原因の場合もありますが、夫のマザコンぶりや浮気、風俗通いが発覚したというケースが多い。アドバイスしても修復不可能なケースが大多数なので、仲直りさせる方向ではなく、スムーズに離婚できるよう助言することになります」

 傍から見ると、個人的な感情がほとばしっているだけのようにも思えてしまう。しかし、じつは「生理的にムリ」という嫌悪の感情には、科学的な根拠がある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン