• TOP
  • 国内
  • 政界の長老、亀井氏・山崎氏・藤井氏が座談会「岸田はケンカが弱すぎる」

国内

2021.10.25 16:00  週刊ポスト

政界の長老、亀井氏・山崎氏・藤井氏が座談会「岸田はケンカが弱すぎる」

亀井静香氏は岸田文雄政権をどう見る?

亀井静香氏は岸田文雄政権をどう見る?

 発足当初から波乱含みの岸田文雄政権の命運やいかに。週刊ポスト恒例「老人党座談会」。政界の長老、亀井静香氏、山崎拓氏、藤井裕久氏の3人が長年培った政局観で占った。(全3回の第1回)

山崎:岸田首相は国会で所信表明を述べましたが、評価はあまり芳しくない。総裁選で述べていた目玉政策をことごとく薄めてしまい、そのことがマスコミの指弾を受けている状況だと思います。出だしの世論調査でも歴代内閣のご祝儀相場としては、かなり低めに出ているので、順風満帆とはとても言えない。

 ただし、自民党自体の支持率は上がっています。あのお祭り騒ぎで、政党というと自民党しかないという状態が9月に続きましたから。その結果、菅政権の時には選挙で危ないと言われていた人が、かなり持ち直しています。

亀井:岸田さんは広島の出身。広島県人というのは、玄界灘の波の中から現われた(山崎)拓さんみたいなごつい政治家は出ないんですよ。池田勇人さんにしても宮沢喜一さんにしても、私もそうだけど、みんな穏やかな性格なんだ。

山崎:亀井さんは広島の異端児だよ。

亀井:私は備後国で、広島でも安芸国と備後は違う。安芸国の気風はよく言えば柔らかい、悪くいえばヤワい。備後になるとちょっときつくなるが、岸田さんは安芸国だから、見た目からしてヤワい。私は彼のお父さん(岸田文武・元衆院議員)と同期だが、お父さんも柔らかい人だった。岸田さんはよく似ていますが、総理になった以上、もっと力強い政治を展開しないと、今の国際社会では生き残れない。バイデンだとか習近平だとか、ごつい連中が暴れまくっている。北朝鮮は日本の方向にミサイルをバンバン飛ばしている状況の中、日本の総理は強くなきゃいかん。

藤井:私も備後の出身なんです。実家は千田村と言って、今の福山市内です。

亀井:名家だな、私は違うが。

藤井:彼の叔父の岸田俊輔君(大蔵官僚出身、元広島銀行頭取)が僕の同級生で非常に親しいんですが、岸田さんが1年前の総裁選で負けた時、岸田俊輔君に言ったのは、「もっとケンカ強くなれよ」と。やっぱり政治はケンカが強くなくてはいけない。

 岸田家はみんな政策マンなんですよね。文武さんとも私は付き合いがあったし、爺ちゃんの正記さん(岸田正記・元衆院議員)も知っていますが、みんな政策マンなんですよ。それはそれで評価すべきところもあるが、政治家っていうのはケンカに強くないといけない。その点で岸田さんにはマイナス面がある。

山崎:そのひ弱さから、総裁選でお世話になった3Aライン(安倍晋三、麻生太郎、甘利明の3氏)に対する遠慮が出てしまい、政策にも影響しています。

亀井:あの3人が仕切っているの? そんな力があるかね。私はマスコミが作り上げている虚像だと思います。3人が元老然として、現職総理の指導をしているとは思えないけどね。

関連記事

トピックス