国内

眞子さまと秋篠宮さま 秘蔵写真で振り返る、父娘で歩んだ30年

1991年12月17日、東京・元赤坂の秋篠宮邸にて(写真/宮内庁提供)

1991年12月17日、東京・元赤坂の秋篠宮邸にて(写真/宮内庁提供)

 美智子上皇后の教えを胸に刻み、皇族としての役目を立派に果たしたプリンセスが巣立つ。溢れる愛を注ぎ、成長を見つめ続けた父と娘との思い出を、秘蔵写真で振り返る。

「かわいい顔して……私に似て」──眞子さまが誕生した翌朝、秋篠宮皇嗣はこう語ったという。60年以上の皇室取材歴を持つ皇室ジャーナリスト・渡邉みどり氏は、父娘の性格もそっくりと指摘する。

「眞子さまの一度決めたら曲げずに最後までやり遂げるところは、秋篠宮殿下のご性格をそのまま受け継いでいらっしゃいます。皇室は国民とともにあることを忘れず、古いものを大切に使うという美智子さまから引き継がれてきた教育方針も眞子さまは実践してこられました」

 二人だけの旅行や公務に同行する機会も多かった。眞子さまを小学生時代から撮り続けている本誌皇室担当・横田紋子カメラマンは、「皇族の自覚を小さい頃からお持ちで、美智子さまの立ち居振る舞いを参考にされていると感じることがよくありました」と振り返る。

 10月26日、眞子さまは30年間過ごした秋篠宮家を離れる。父として願うのは、ただひとつだろう。幸せになってほしい──国民の思いもまた、その願いだけである。

●1991年12月17日 東京・元赤坂の秋篠宮邸
 生後約2か月の眞子さまに、両親は慈しみにあふれた眼差しを向ける。「眞」には「天性のものを失わず、自然に、飾ることなく、ありのままに人生を歩んでほしい」との願いが込められている

●2004年3月 学習院初等科の卒業式

2004年3月 学習院初等科の卒業式(撮影/本誌写真部)

2004年3月、学習院初等科の卒業式(撮影/『週刊ポスト』写真部)

 眞子さまの学校の式典に3人で出席するのはこれが最後。「秋篠宮さまは一歩引かれ、以降、中等科入学式からは紀子さまだけが出席されるようになりました」(週刊ポスト・横田カメラマン)

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン