国内

亀井静香氏・山崎拓氏・藤井裕久氏座談会「バラマキ批判は正しいか」

山崎拓氏

山崎拓氏は岸田政権の今後をどう見る?

 発足当初から波乱含みの岸田政権の命運はどうなるのか。週刊ポスト恒例「老人党座談会」。政界の長老、亀井静香氏、山崎拓氏、藤井裕久氏の3人が長年培った政局観で占った。(全3回の第2回)

藤井:私は自民党の中のことはよく分かりませんがね、二階さん(俊博・前幹事長)については前から「小型カネマル」(金丸信)だと言ってきました。空気で動く人なんです。人の上に立つ人は空気で動いちゃいけない。物事の基本原則がなければいけない。特に国家観、歴史観がなければいけない。二階さんはその点が欠けているし、それは3A(安倍、麻生、甘利)も似ている。

 その点で、財務事務次官(矢野康治氏)がバラマキを批判した(『文藝春秋』11月号)ことに関しては、私は正しいと思っています。ただし限度がありますね、役人の限度というものが。確かに、僕らの世代は大蔵省では政治家をバカにしていましたよ。あんな奴の言うこと聞く必要ないんだ、役人の道を歩めばいいんだと。

亀井:昔からね、大蔵が国家なり。政治家が政策を立案し、ぴたりと当たるようなことはなかなかできない。やはり役所の中のトップである財務省が日本の将来をどうしたらよいか、どこに予算をつけたらいいかなと考え、それに自民党が乗っかっていたわけです。

 私は自民党の政調会長やったけどね、それまで大蔵省が政府の予算を決めていたのを「駄目だ」と言った。そのとき財務省の武藤(敏郎・主計局長。後の事務次官)を呼びつけて、「お前たちは好き勝手に予算やってたけどな、来年からはそうはさせない。お前たちはそろばん勘定だけやれ。あとは党が全部やる」と申し渡したことがあった。彼らはかなり抵抗したけどね。

藤井:役人が政治家の言うことを聞くようになったのは、内閣人事局の役割が相当大きかったと思います。その意味では今回の(文春の)寄稿文は近年では異例でした。

山崎:私も財務次官の言っていることは全部正しいと思う。事前に根回ししていたようだし、財務大臣だった麻生太郎さんは何も分かりませんから、何でもウンウンと聞いていたと。そういうことでしょう。

 ただ、麻生さんはこれまで安倍さんにおもねって、さんざん放漫財政をやった。アベノミクスに協力するという大義名分で、何もブレーキを掛けなかった。経済産業省にグリップされて、経産官僚がカネをばらまいてきたツケが今に至るのでしょう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト