芸能

高田文夫が将来を決めたテレビ番組、大学時代に通った上野本牧亭

日本の国宝が次々と…

日本の国宝が次々と…

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。学生時代に大いに影響を受けたテレビ演芸、我が古典落語の青春時代についてつづる。

 * * *
 エンタメ界の大御所、大衆芸能の大看板の死が相次ぎ寂しい秋でもある。普通の年寄り、ひとりが亡くなっても図書館3館分の知識と情報を失うと言われている。それがこれだけの人物である。図書館が100館無くなったぐらいの日本文化の喪失である。すぎやまこういち(90)、柳家小三治(81)。合掌。

 若い人にとってすぎやまと言えば「ドラゴンクエスト」の音楽だろう。60歳を過ぎてから「ゲーム音楽」というジャンルを確立させたのは凄いことだ。東京五輪の入場曲でも圧倒、まさに日本の文化の代表だった。

 その前の世代の人間にとってすぎやまと言えば大ヒット曲の作曲家。ザ・ピーナッツの『恋のフーガ』から名付け親となったザ・タイガースの『モナリザの微笑』『花の首飾り』『君だけに愛を』、ガロ『学生街の喫茶店』、ヴィレッジシンガーズ、島谷ひとみ『亜麻色の髪の乙女』。

 その前の世代、私のような“テレビ視聴第一世代”にとって本名・椙山浩一とは、テレビで最初の“笑い”を作り毎日届けた大人物。東大卒業後ラジオの文化放送へ入りそれからフジテレビ開局1年前に入社し、日本初のテレビコントを帯で始めた。売り出し前のクレージーキャッツに会い、青島幸男というコント作家を見つけ、ディレクターとして12時50分から毎日その日のニュースをネタにした『おとなの漫画』を放送。

 中学生の私は昼休みひとりで早めのランチをして、塀を乗り越え家へダッシュ。テレビでそのコントを見て何喰わぬ顔で学校へもどる。この時、ハナ肇がフリップで叫ぶ「作・青島幸男」に憧れ60年後こんな風になっている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン