国内

「自民党は変わらなければ」森友問題の再調査を提言する石破茂を直撃

選挙応援で各地を回っていた石破氏を直撃した(写真は相澤氏撮影)

選挙応援で各地を回っていた石破氏を直撃した(写真は相澤氏撮影)

 10月31日の衆院総選挙を控え、各地では出馬候補による街頭演説や大物議員による応援遊説が活発化している。自民党が単独過半数を維持できるか微妙という情勢が報じられるなか、安倍晋三元首相や総裁選に出馬した高市早苗氏、河野太郎氏などが各地を飛び回り、総裁選出馬を見送った石破茂元幹事長も、本人のブログによると地元の鳥取1区のほか、北九州市や千葉市、みよし市など全国各地に赴くという。

 そんななか、改めて石破氏の「森友問題は再調査すべき」との発言が注目を集めている。岸田文雄首相は森友学園問題を巡る財務省の決裁文書改ざんの説明に関して、「行政において調査が行なわれ、報告がしっかりなされていると認識している」と再調査に否定的な姿勢を示している。森友問題をスクープしたジャーナリストの相澤冬樹氏は自民党がフタをしようとする疑惑の追及を進言する石破氏の真意を探るべく本人を直撃した。

 * * *

 石破茂が街を歩けば、行きかう人々がさっと目を向ける。

「あっ、石破さんだ!」

 近づいてきて、コロナがあるから握手の代わりにこぶしを合わせるグータッチ。「写真いいですか?」と、スマホで記念にパチリ。「頑張ってください」と励ます。無役になっても人気は変わらない。その様子をそばで見ていて、僕は多少からかうつもりで声をかけた。

「石破さん、すっごい人気がありますねえ」

 すると石破はニコリともせず、厳しい表情で答えた。

「国民に人気があっても、自民党内では人気がない。それが現実です」

 確かにそうだ。石破は9月の総裁選で出馬を断念。小泉進次郎とともに河野太郎を支援し「小石河」連合と呼ばれた。党員票ではトップに立ったが議員票で逆転され敗北。その後の岸田政権では石破も石破派の議員も“干されて”いる。岸田政権の背後に元首相、安倍晋三がいることは誰しもわかる。その安倍が石破を嫌っているから、党内ではみな権力者に嫌われた石破を避ける。

 10月23日、この日の取材は偶然の産物だった。僕は講演の仕事で千葉市に来ていた。講演を終えて「誰か選挙演説に来ていないかな?」と調べると、石破茂が千葉市内で集中して遊説に回っていることがわかった。

「野党が頑張らないと自民党は良くならない」

 石破は自民党総裁選の出馬断念の会見で、森友事件について「再調査すべきだ」と明言した。自民党ではみな安倍の顔色をうかがって再調査に否定的。総理総裁になった岸田も当初は前向きなことを言っていたのに途中で発言をくつがえした。岸田も菅義偉も安倍も、歴代総理はみな「調査は尽くした」と言うが、その調査報告書には公文書改ざんをさせられて赤木俊夫さんという財務省職員が命を絶った事実がまったく書かれていない。それで「調査を尽くした」と言えるのか?

 自民党の大勢が“なかったこと”にしようとしている中、石破の「再調査すべき」の発言は重い。

関連記事

トピックス