国内

「自民党は変わらなければ」森友問題の再調査を提言する石破茂を直撃

選挙応援で各地を回っていた石破氏を直撃した(写真は相澤氏撮影)

選挙応援で各地を回っていた石破氏を直撃した(写真は相澤氏撮影)

 10月31日の衆院総選挙を控え、各地では出馬候補による街頭演説や大物議員による応援遊説が活発化している。自民党が単独過半数を維持できるか微妙という情勢が報じられるなか、安倍晋三元首相や総裁選に出馬した高市早苗氏、河野太郎氏などが各地を飛び回り、総裁選出馬を見送った石破茂元幹事長も、本人のブログによると地元の鳥取1区のほか、北九州市や千葉市、みよし市など全国各地に赴くという。

 そんななか、改めて石破氏の「森友問題は再調査すべき」との発言が注目を集めている。岸田文雄首相は森友学園問題を巡る財務省の決裁文書改ざんの説明に関して、「行政において調査が行なわれ、報告がしっかりなされていると認識している」と再調査に否定的な姿勢を示している。森友問題をスクープしたジャーナリストの相澤冬樹氏は自民党がフタをしようとする疑惑の追及を進言する石破氏の真意を探るべく本人を直撃した。

 * * *

 石破茂が街を歩けば、行きかう人々がさっと目を向ける。

「あっ、石破さんだ!」

 近づいてきて、コロナがあるから握手の代わりにこぶしを合わせるグータッチ。「写真いいですか?」と、スマホで記念にパチリ。「頑張ってください」と励ます。無役になっても人気は変わらない。その様子をそばで見ていて、僕は多少からかうつもりで声をかけた。

「石破さん、すっごい人気がありますねえ」

 すると石破はニコリともせず、厳しい表情で答えた。

「国民に人気があっても、自民党内では人気がない。それが現実です」

 確かにそうだ。石破は9月の総裁選で出馬を断念。小泉進次郎とともに河野太郎を支援し「小石河」連合と呼ばれた。党員票ではトップに立ったが議員票で逆転され敗北。その後の岸田政権では石破も石破派の議員も“干されて”いる。岸田政権の背後に元首相、安倍晋三がいることは誰しもわかる。その安倍が石破を嫌っているから、党内ではみな権力者に嫌われた石破を避ける。

 10月23日、この日の取材は偶然の産物だった。僕は講演の仕事で千葉市に来ていた。講演を終えて「誰か選挙演説に来ていないかな?」と調べると、石破茂が千葉市内で集中して遊説に回っていることがわかった。

「野党が頑張らないと自民党は良くならない」

 石破は自民党総裁選の出馬断念の会見で、森友事件について「再調査すべきだ」と明言した。自民党ではみな安倍の顔色をうかがって再調査に否定的。総理総裁になった岸田も当初は前向きなことを言っていたのに途中で発言をくつがえした。岸田も菅義偉も安倍も、歴代総理はみな「調査は尽くした」と言うが、その調査報告書には公文書改ざんをさせられて赤木俊夫さんという財務省職員が命を絶った事実がまったく書かれていない。それで「調査を尽くした」と言えるのか?

 自民党の大勢が“なかったこと”にしようとしている中、石破の「再調査すべき」の発言は重い。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン