• TOP
  • 芸能
  • 沖田臥竜×木下ほうかドラマ『ムショぼけ』対談「映像が言葉を超えた」

芸能

2021.10.31 07:00  女性セブン

沖田臥竜×木下ほうかドラマ『ムショぼけ』対談「映像が言葉を超えた」

木下ほうか(右)がドラマ『ムショぼけ』原作者の沖田臥竜さんと語り合った

木下ほうか(右)がドラマ『ムショぼけ』タイトルのロゴをあしらったオリジナルキャップは木下から沖田さんへのプレゼント

「ヤクザの組織の中では、『ヤクザは24時間ずっとヤクザやから、気を抜いたらあかん』とよく言われます。家に帰っても気を張れ、緊張感を持て、ということですが、実際には、家に帰れば子供や孫をこれでもかとかわいがったり、奥さんに怒られたりする。恋愛だってします。それが人間なんですよね。

 角度を変えたら見えてくるリアルは、ヒューマンドラマだったり、コメディーだったりする。この作品では、そこを突きたかった」

 ムショぼけ──一般の人にはおおよそなじみのない言葉だが、妖しげでシリアスであると同時に、どこかコミカルな響きも併せ持つ。9月上旬発売の小説『ムショぼけ』(小学館文庫)の著者・沖田臥竜さん(45才)はそう語る。

 同作は10月スタートの連続ドラマ(ABCテレビ・日曜23時55分~、テレビ神奈川・火曜23時~)にもなり、関西地区から火が付き、全国に大きな反響を広げている。

「ムショぼけ」とは長い刑務所暮らしで、日常生活のリズムや常識を忘れてしまった精神状態を表すという。医学的には「拘禁反応」と呼ばれる。

 ドラマに、主人公の元兄貴分役で出演する木下ほうか(57才)が語る。

「一言でいえば、原作が“ええところに目をつけられたな”ということです。ムショぼけという言葉はシリアスな雰囲気やけど、小説やドラマを見ると、ガラッとイメージが変わる。“ああ、そういうことやったんや”といい意味で裏切られる作品ですね。意外性からくる高ぶりで、本当に多方面から“いい作品だね”と反響があります」

沖田「普通の人は遊びたいのをがまんして、親の言いつけを守って、夕方に帰って勉強して、大人になってきた。それなのに親や社会に歯向かってヤクザになって、40過ぎて“ヤクザやめます、真面目になります”と言っても、世間が厳しいのは当たり前です。そんなに甘くない。

 だけど、本作品の主人公の元ヤクザの陣内が、それに気づいて一生懸命に生きようとする姿が、頑張れば頑張るほど、滑稽であったり、ロマンがあったりする。まっすぐに悪戦苦闘するから、周囲の人間も最低限は助けてやろうか、となる。それが人間ドラマになるんです」

関連記事

トピックス