国内

自民・山口泰明氏が息子への禅譲直前、地元に1500万円寄附 公選法違反の疑いも

政界引退を表明した自民・山口泰明氏(時事通信フォト)

政界引退を表明した自民・山口泰明氏(時事通信フォト)

 自民党埼玉県連会長などを歴任した山口泰明氏は衆院当選7回のベテラン。菅政権で党選対委員長を任されたが、7月に、「新しい力、人材にこの国の未来を託したい」と政界引退を表明した。未来を託された後継者が次男で秘書だった晋氏だ。父の引退表明を受けて埼玉10区から自民党公認で出馬、小選挙区で接戦となり、深夜23時過ぎに当選確実が出た。山口泰明氏にとって今回の選挙は代議士の地位と地盤を息子に「世襲」させるために絶対に負けられない選挙だったことは容易に想像できる。

 その寄附が行なわれたのは総選挙が差し迫った今年9月、山口氏が会長兼社長を務める「坂戸ガス」から坂戸市に1000万円、鶴ヶ島市に350万円、鳩山町に150万円など選挙区内の3自治体に少なくとも総額1500万円が寄附された。ちなみに同社はこれらのエリアに都市ガスを供給している。坂戸市の担当者が語る。

「坂戸ガスの50周年記念事業の一環として寄附をいただいた。申請が9月17日、振り込みが9月30日。寄附を受けることを決裁したのは市長です」

 他の2市でも山口氏が現職代議士だった9月30日に振り込まれたことが確認できた。

 鶴ヶ島市は市役所内で寄附の「贈呈式」を行ない、鳩山町は『広報はとやま』10月号で寄附を告知している。

 その2週間ほど後、選挙区の有権者に自民党機関紙『自由民主』の号外が新聞折り込みなどで配布された。1面には赤地に白抜き文字で「山口すすむ」という名前とガッツポーズの写真、その下に父・泰明氏の写真と「山口すすむが、継承します」と後継者の紹介。裏面には、寄附を受けた坂戸市長、鶴ヶ島市長、鳩山町長をはじめ選挙区内の3市7町の首長(町長が野党系の吉見町だけは町議会議長)の顔写真がズラリと並び、〈地域の発展のため山口すすむ支部長の力が必要です〉というメッセージがあった。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト