国内

眞子さん結婚で高まる女性宮家創設機運 実現なら“二重権威”への懸念も

女性宮家創設には様々な議論が(時事通信フォト)

女性宮家創設には様々な議論が(時事通信フォト)

 自らの意思を貫いて結婚した小室眞子さん。この事実が、皇室に重大な影響を与えるかもしれない。いま注視されているのが、愛子さまの将来だ。皇室典範はその第1条で〈皇位は皇統に属する男系の男子がこれを継承する〉と定めているが、1969年に紀宮さま(現・黒田清子さん)が生まれて以来、2001年の愛子さままで、皇室に誕生したのは9人連続で女子。

 そこで2004年、当時の小泉純一郎首相は「皇室典範に関する有識者会議」を立ち上げ、女性・女系天皇を認めた上で、「継承順位は男女を問わず第1子を優先とする」という報告書を提出した。

 だが保守派を中心とする反発は強く、2006年に悠仁さまが誕生すると女性・女系論議は一気に鎮静化した。

「代わって浮上したのが、女性皇族が結婚後も皇室に残る『女性宮家』の創設です。皇室典範第12条は皇族女子は結婚すると〈皇族の身分を離れる〉と定めている。

 現状のままでは、佳子さまと愛子さまがご結婚すると、次代の皇室を支えるのは悠仁さまのみになってしまう。待ったなしの状況で、眞子さんの結婚を機に女性宮家創設の機運も高まっています」(皇室ジャーナリスト・神田秀一氏)

 女性宮家が創設された場合、内親王の佳子さまと愛子さまが、それぞれ宮家の当主となると見られている。宮内庁担当記者が語る。

「女性宮家を入り口に、女系・女性天皇問題が再び議題にあがる可能性もあります。悠仁さまよりも天皇陛下の長子である愛子さまが皇位を継ぐべきだという意見は根強くあり、今回の眞子さんのご結婚をめぐって秋篠宮家にも厳しい目が向けられたことで、一般にもその声は広まりつつあります」

 だが、毎日新聞(2021年7月26日付)が〈女性皇族方は現行制度を前提とした人生設計を描いている〉〈女性皇族方のお気持ちやご意向を十分に尊重できるよう考慮してもらいたい〉とする宮内庁職員の証言を報じたように、女性宮家の創設が女性皇族の意思に添うものか否かは議論が残る。

 また、愛子さまが仮に女性宮家の当主になった場合、別の難題が発生する。宮内庁関係者が語る。

「悠仁さまが天皇に即位する一方で、現天皇直系の愛子さまが宮家当主として皇室に残るという、“二重権威”の状況が生まれてしまう。これまで天皇を中心にひとつにまとまっていた皇室が分裂しかねないのです。愛子さまも悠仁さまも複雑なお立場になり、苦悩されるのではないか」

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
「JAPAN PODCAST AWARDS」で表彰される上出遼平氏(『ニッポン放送TV』の公式YouTubeチャンネルより)
元テレ東・大橋未歩アナの夫・上出遼平Pが退職へ「テレビはジリ貧」 敏腕テレビマン続々流出の背景
NEWSポストセブン
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二がYouTube開設「何で稼いでいるんだ」優雅なNY生活インスタに込めた真意語る
NEWSポストセブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン